ダイタクヘリオス

Daitaku Helios

厩戸名馬の館G1競走大研究Wikipedia ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

1987/4/10生 
牡  黒鹿毛
父:ビゼンニシキ 母:ネヴァーイチバン (by ネヴァービート)
生産者:平取・清水牧場(JPN)
馬主:中村雅一氏
調教師:梅田康雄(栗東)

・中央所属時成績
三歳時 6戦 2勝
四歳時 9戦 2勝
五歳時11戦 3勝 マイルチャンピオンシップ
六歳時 9戦 3勝 マイルチャンピオンシップ
中央通算 35戦10勝
全通算 35戦10勝

[解 説]当HPでは漢数字の馬齢は旧年齢表記、算用数字の馬齢は満年齢表記
 ダイタクヘリオスは1987年平取・清水牧場にて生まれた。父ビゼンニシキは1981年青森・明成牧場産で現役時は10戦6勝。派手な栗毛の馬体で1984年のクラシック戦線において、のちに三冠馬となるシンボリルドルフの好敵手として活躍した。ダービーで大敗後、秋にマイル戦線に路線変更も、本番前のスワンステークスで故障発生してしまい引退を余儀なくされた。ダイタクヘリオスは供用2年目の産駒で、他には福島記念ならローカル重賞を3勝したハシノケンシロウや、京都大障害などを勝ったリターンエースなどがいる。ビゼンニシキの父ダンディルートはシンボリルドルフの調教師であった野平祐二師の目利きで、トウショウ牧場のオーナーである藤田正明氏が購入したフランス産種牡馬で、現役時は12戦5勝。1976年より日本で供用を開始し、中距離を中心に活躍馬を出し、中山記念を連覇した牝馬エイティトウショウや目黒記念などを勝ったトウショウゴットなどを輩出した。5世代の産駒を残しただけで早世したが、現在もトウショウ牧場の繁殖牝馬の血に生き続けている。
 母ネヴァーイチバンは1971年日本産馬で現役時は未出走。ネヴァーイチバンの母ミスナンバイチバンの初年度産駒はカブラヤであり、のちに二冠馬カブラヤオーとエリザベス女王杯勝ちのミスカブラヤを輩出している。ネヴァーイチバンの娘スプリングネヴァは天皇賞・春で1番人気となったダイタクバートラムや2年連続でマイルチャンピオンシップにおいて1番人気に支持されたダイタクリーヴァを輩出している。ネヴァーイチバンの父ネヴァービートは1964年日本に導入されてから、皐月賞馬マーチス、天皇賞・春を勝ったリキエイカン、オークス馬ルピナス、桜花賞やエリザベス女王杯を勝ったインターグロリアなどを輩出。母の父としても優れており、天皇賞馬サクラユタカオーキョウエイプロミス、宝塚記念のスズカコバン、史上初の牝馬三冠馬メジロラモーヌなどを送り出し、1984年、86年、88年においてリーディング・ブルードメア・サイヤーに輝いている。母ネヴァーイチバンの方が父ビゼンニシキより10歳年上だからということもないが、ダイタクヘリオスの毛色はネヴァーイチバンの黒鹿毛に出た。生まれたダイタクヘリオスは大人しくて手がかからず健康に育った。ただし見栄えはせず注目に値するような存在ではなかった。
 ダイタクの冠号で知られ、大阪で病院やホテルなどを経営している中村雅一氏の持ち馬として、ダイタクヘリオスは栗東・梅田康雄厩舎に入厩した。ちなみにヘリオス(Helios)とはギリシャ神話における太陽神のことである。1989年10月の京都の新馬戦で岸滋彦騎手を鞍上に初出走したダイタクヘリオスは3着と敗れた。しかしここから中1週空いて連闘で新馬戦を使って、2着、そして1着で勝ち上がった。現在は新馬戦は初出走の馬しか出走できないが、当時は同一開催ならば4連闘まで可能であった。次にデイリー杯三歳ステークス(G2)に重賞挑戦。ここには評判のミスターシービー産駒ヤマニングローバルが出走していて、4着に敗れた。次に阪神の条件特別のさざんか賞は1番人気で勝ってオープン入り。ダイタクヘリオスは通算35戦10勝の好成績をあげるが、1番人気で勝ったのはこのレースに限られる。関西の三歳チャンピオンを決める阪神三歳ステークス(G1)は4番人気と評価が低かったが、テン乗りの武豊騎手が巧みに操って逃げ、コガネタイフウのクビの差2着に粘った。
 1990年四歳となったダイタクヘリオスは三歳時3ヶ月で6戦とかなり使ったにも関わらず、1月初旬京都のシンザン記念(G3)から始動した。ここは2着だったが、きさらぎ賞(G3)は6着、中山に東上してスプリングS(G2)は11着と大敗。この内容の悪化ぶりに梅田師はクラシック路線を諦め、短距離路線に転向する決断を下した。しかし当時は四歳限定のマイルG1は存在せず、ニュージーランドトロフィー(G2)が当面の目標となった。皐月賞の前日に行われた1200m重賞クリスタルカップ(G3)を勝ち、転向後幸先のよいスタート。続く京都の1400mオープン特別である葵ステークスは、大外枠で59キロという悪条件ながら快勝。しかし肝心のニュージーランドトロフィー(G2)は1番人気に推されながらも、ニジンスキー産駒の良血馬ミュージックタイムの2着に敗れた。
 四歳秋は順調さを欠き、マイルチャンピオンシップ(G1)にぶっつけで挑むことになった。スタートで後手を踏み、ブービーの17着に惨敗した。中京のオープン特別シリウスステークス4着を叩いて、この年G1に昇格したスプリンターズステークス(G1)に出走。バンブーメモリーの5着に敗れ、春の勢いは消え失せたかのように思われた。
 五歳春1991年は2月京都の淀短距離ステークスから始動した。ここを4着にまとめると、続く中京のマイラーズカップ(G2)で武豊を鞍上に初重賞勝ちを収めた。これ以降、ダイタクヘリオスは短距離重賞の常連となる。しかしダービー卿CT(G3)は4着、京王杯SC(G2)は6着と人気を裏切る結果となり、安田記念(G1)は16頭中10番人気と評価を落とした。しかし人気が落ちると反発するのがこの馬の真骨頂であり、先行して粘り、ダイイチルビーの2着に健闘した。CBC賞(G2)5着と凡走したあと、5番人気となった高松宮杯(G2)は加用正を鞍上にダイイチルビーの追い込みをハナの差凌ぎ、安田記念の借りを返した。
 五歳秋は毎日王冠(G2)から始動した。鞍上には主戦の岸滋彦が復帰した。ここには天皇賞・秋を目指す強豪が出走していた。5番人気と評価が低かったが、後に降着繰り上がりで天皇賞馬となるプレクラスニーの2着に健闘した。しかしスワンステークス(G2)は逃げて9着に惨敗。相変わらずの不安定ぶりのまま、目標のマイルチャンピオンシップを迎えることになった。
 第8回マイルチャンピオンシップ(G1)は京都競馬場にて晴・良馬場で行われた。1番人気はこの年の安田記念を制していたダイイチルビー。父トウショウボーイ、母ハギノトップレディという絵に描いたような良血で、前走スワンステークスは2着に敗れていたとはいえ、この年は3着以下がないという安定感が買われていた。2番人気はスワンステークスでダイイチルビーを下したケイエスミラクル。レコード勝ちを連発していた新進気鋭の外国産馬で、スピード勝負になればこの馬に分があるとファンの支持を集めていた。ダイタクヘリオスは前走の惨敗で信用をなくし、4番人気であった。鞍上の岸騎手はとにかくうまくスタートを切って先行すること。あとは馬が走る気になってくれるかだ、と考えていた。道中、首尾よく3番手につけると、岸は馬の行く気に任せた。ダイタクヘリオスは口を割って行儀の悪いところを見せた。しかしこの馬の場合、これが調子の悪いことの指標とはならない。そして先頭で直線に向くと、ダイイチルビー、ケイエスミラクルの追撃を抑え、先頭でゴール板を駆け抜けた。ダイイチルビーには2馬身半差、ケイエスミラクルにはさらに半馬身差をつけた。良血馬の完勝劇、あるいは韋駄天馬の誕生といった多くのファンの思惑とは異なったものかもしれなかったが、とにかくも穴党を喜ばせていたダイタクヘリオスに初めての勲章がもたらされたのである。
 その後ダイタクヘリオスは短距離馬の常道であるスプリングステークスには向かわず、有馬記念(G1)に出走し、ダイユウサクの5着に敗れた。しかし9番人気であったことを考えれば、期待以上の好走といえる。
 1992年六歳となったダイタクヘリオスは3月阪神のマイラーズカップ(G2)から始動した。60キロの酷量を背負いながらも快勝。次走京王杯SC(G2)は59キロで4着に敗れたが想定内であった。57キロで出走できる安田記念(G1)は裸同然だろうと1番人気に支持された。しかしヤマニンゼファーの6着に敗れ、ファンに失望を与えた。続く宝塚記念でも2番人気に支持されたが、メジロパーマーの5着に敗れ、ファンを絶望に追い込み、「ダイタクヘリオスはもう終わった」と思わせるに十分な惨敗ぶりだった。
 ところが秋になり毎日王冠で復帰すると、59キロを背負い相当な焦れ込みを見せながらも日本レコード勝ちを収めてしまう。そのため続く天皇賞・秋(G1)では3番人気に支持された。1番人気はトウカイテイオーで、その父はシンボリルドルフ。ダイタクヘリオスの父はビゼンニシキで、親仔代理戦争となった。ところがこの2頭は共倒れとなり、トウカイテイオーは7着、ダイタクヘリオスは8着に敗れてしまう。ダイタクヘリオスは逃げたメジロパーマーと競り合って暴走し、ハイペースを演出。自らは馬群に沈み、後方に控えていたレッツゴーターキンが漁夫の利を得る格好となった。
 第9回マイルチャンピオンシップは京都競馬場で晴・良馬場で開催された。ダイタクヘリオスはシンコウラブリイに1番人気を譲り、2番人気であった。シンコウラブリイはアイルランド生まれの四歳牝馬で、短中距離を中心に使われ、G3重賞3連勝を含む4連勝中。前走の富士ステークス勝ちから連闘で挑んでいた。「こんな小娘に負けられるか」とダイタクヘリオスが燃えたのかどうかわからないが、昨年の再現フィルムを見るような力強いレースぶりで、シンコウラブリイに1馬身半をつける快勝、ニホンピロウイナー以来2頭目のマイルチャンピオンシップ連覇を果たした。しかも時計は1分33秒3のレコードであった。
 続くスプリンターズステークス(G1)は安田記念以来の1番人気に支持された。しかし1番人気になって負けるのはダイタクヘリオスにとって簡単なことであり、「四歳の小娘」であるニシノフラワーの4着に敗れてしまう。連闘で出走した有馬記念は、天皇賞・秋と同様逃げたメジロパーマーと暴走気味で競り合った。メジロパーマーはこの展開を残って1着となったが、ダイタクヘリオスは4コーナーで手応えがなくなり12着に惨敗した。
 4年の長きに渡って活躍し、2つのG1を含む7つの重賞を制し、稼いだ賞金は6億8995万2400円に達したダイタクヘリオスは有馬記念を最後に引退した。総額2億4000万円のシンジケートが組まれ、日高軽種馬農協門別種馬場において種牡馬となった。しかし世はトニービン、ブライアンズタイム、サンデーサイレンスといった外国産種牡馬全盛期にあり、産駒成績は苦戦を強いられた。しかし産駒のダイタクヤマトが2000年のスプリンターズステークスを16頭中16番人気で制し、父と同様の穴馬ぶりを発揮し、ファンを喜ばせた。
 常に期待通りの走りを見せるわけではなく、安定感には欠けるものの、勝ったレースは文句なしに強かったダイタクヘリオスは、1960年代のカブトシロー、70年代のエリモジョージに互するクセ馬といえる。怪しく黒光りする馬体、首を高くして走る独特のフォーム、レース中気の悪さを示すように口を割る行儀の悪さ、普段でも落ち着きのない仕草、青に白縁のやや不細工なメンコと格好も悪かった。けれども穴党を中心に根強いファンが存在した。種牡馬として産駒成績は大したものではないが、産駒ダイタクヤマトが種牡馬となっており、ダンディルートの貴重な血統が継承される可能性があるのは大きい。その産駒が穴党を喜ばせるようなことになれば最高である。
2006年12月31日筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1989/10/7 京都 新馬 1400 12 3 3 1:24.7 岸滋彦 52 474 オースミロッチ
1989/10/21 京都 新馬 ダ1200 12 1 2 1:14.0 岸滋彦 52 474 ニチドウサンダー
1989/10/29 京都 新馬 1600 15 3 1 1:36.3 岸滋彦 52 474 (ジャストアハード)
1989/11/11 京都 デイリー杯三歳ステークス(G2) 1400 10 6 4 1:23.8 岸滋彦 54 470 ヤマニングローバル
1989/12/9 阪神 さざんか賞 1400 11 1 1 1:22.9 田島良保 54 466 (ダイイチコウヤ)
1989/12/17 阪神 阪神三歳ステークス(G1) 1600 12 4 2 1:35.7 武豊 54 466 コガネタイフウ
1990/1/14 京都 シンザン記念(G3) 1600 11 4 2 1:36.1 岸滋彦 55 460 ニチドウサンダー
1990/2/11 阪神 きさらぎ賞(G3) 2000 12 4 6 2:05.2 岸滋彦 56 460 ハクタイセイ
1990/3/25 中山 スプリングステークス(G2) 1800 14 8 11 1:51.3 岸滋彦 56 456 アズマイースト
1990/4/14 中山 クリスタルカップ 1200 10 2 1 1:09.0 岸滋彦 55 456 (シンボリガルーダ)
1990/5/13 京都 葵ステークス 1400 18 2 1 1:23.6 岸滋彦 59 456 (ダイイチオイシ)
1990/6/3 東京 ニュージーランドトロフィー(G2) 1600 16 1 2 1:35.1 岸滋彦 56 456 ミュージックタイム
1990/11/18 京都 マイルチャンピオンシップ(G1) 1600 18 12 17 1:35.5 田島良保 55 464 パッシングショット
1990/12/2 中京 シリウスステークス 1200 12 3 4 1:10.3 上野清章 58 464 ホリノウイナー
1990/12/16 中山 スプリンターズステークス(G1) 1200 16 4 5 1:08.5 岸滋彦 55 462 バンブーメモリー
1991/2/3 京都 淀短距離ステークス 1200 14 2 4 1:09.8 岸滋彦 56 478 グロリアトウショウ
1991/2/24 中京 マイラーズカップ(G2) 1700 13 4 1 R1:41.2 武豊 56 470 (プリティハット)
1991/3/17 中山 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 1200 11 1 4 1:09.5 岸滋彦 57 466 ナイスパーワー
1991/4/21 東京 京王杯スプリングカップ(G2) 1400 18 5 6 1:22.2 岸滋彦 57 466 ダイイチルビー
1991/5/12 東京 安田記念(G1) 1600 16 10 2 1:34.0 岸滋彦 57 466 ダイイチルビー
1991/6/23 中京 CBC賞(G3) 1200 11 2 5 1:11.4 岸滋彦 58 462 フェイムオブラス
1991/7/7 中京 高松宮杯(G2) 2000 8 5 1 1:59.4 加用正 58 456 (ダイイチルビー)
1991/10/6 東京 毎日王冠(G2) 1800 13 5 2 1:46.2 岸滋彦 58 466 プレクラスニー
1991/10/26 京都 スワンステークス(G2) 1400 16 4 9 1:21.6 岸滋彦 58 468 ケイエスミラクル
1991/11/17 京都 マイルチャンピオンシップ(G1) 1600 15 4 1 1:34.8 岸滋彦 57 472 (ダイイチルビー)
1991/12/22 中山 有馬記念(G1) 2500 15 9 5 2:31.3 岸滋彦 57 474 ダイユウサク
1992/3/1 阪神 マイラーズカップ(G2) 1600 11 2 1 1:36.2 岸滋彦 60 476 (シンホリスキー)
1992/4/25 東京 京王杯スプリングカップ(G2) 1400 13 2 4 1:22.0 岸滋彦 59 474 ダイナマイトダディ
1992/5/17 東京 安田記念(G1) 1600 18 1 6 1:34.2 岸滋彦 57 472 ヤマニンゼファー
1992/6/14 阪神 宝塚記念(G1) 2200 13 2 5 2:20.6 岸滋彦 57 474 メジロパーマー
1992/10/11 東京 毎日王冠(G2) 1800 11 4 1 R1:45.6 岸滋彦 59 474 (イクノディクタス)
1992/11/1 東京 天皇賞・秋(G1) 2000 18 3 8 1:59.2 岸滋彦 58 474 レッツゴーターキン
1992/11/22 京都 マイルチャンピオンシップ(G1) 1600 18 2 1 R1:33.3 岸滋彦 57 472 (シンコウラブリイ)
1992/12/20 中山 スプリンターズステークス(G1) 1200 16 1 4 1:08.1 岸滋彦 57 476 ニシノフラワー
1992/12/27 中山 有馬記念(G1) 2500 16 7 12 2:34.8 岸滋彦 56 476 メジロパーマー

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 71000.143
ダート1400m未満 10101.000
1400〜1900m未満 218510.619 1991マイルチャンピオンシップ 1992マイルチャンピオンシップ
1900〜2200m未満 31000.333
2200〜2800m未満 30000.000
2800m以上 0.000
芝コース通算3410510.441 
ダートコース通算10101.000 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
中京42000.500
中山71000.143
京都114210.545 1991マイルチャンピオンシップ 1992マイルチャンピオンシップ
東京81300.500
阪神52100.600
通算3510610.457 

5代血統表
ビゼンニシキ
1981 栗
ダンディルート Luthier Klairon Clarion
Kalmia
Flute Enchantee Cranach
Montagnana
Dentrelic Prudent My Babu
Providence
Relict Relic
Fakhry
ベニバナビゼン ミンスキー Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
カツハゴロモ サウンドトラック Whistler
Bridle Way
ワイルドライフ Big Game
Clarinda
ネヴァーイチバン
1971 黒鹿
ネヴァービート Never Say Die Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Singing Grass War Admiral
Boreale
Bride Elect Big Game Bahram
Myrobella
Netherton Maid Nearco
Phase
ミスナンバイチバン ハロウェー Fairway Phalaris
Scapa Flow
Rosy Legend Dark Legend
Rosy Cheeks
スタイルパッチ Dogpatch Bull Dog
Rose Leaves
Style Leader Cyclops
Minuet


検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system