クリフジ

Kurifuji

厩戸名馬の館G1競走大研究 ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

1940/3/15生 1964/没
牝  栗毛
父:トウルヌソル 母:賢藤 (by チャペルブラムプトン)
生産者:千葉・下総御料牧場(JPN)
馬主:栗林友二氏
調教師:尾形藤吉(東京)

・中央所属時成績
四歳時 8戦 8勝 東京優駿 優駿牝馬 京都農林省賞典四歳呼馬(菊花賞)
五歳時 3戦 3勝
中央通算 11戦11勝
全通算 11戦11勝

[解 説]
 クリフジは1940年千葉県下総御料牧場にて生まれた。父トウルヌソルは小岩井農場のシアンモアと並ぶ戦前における日本の代表的な種牡馬で、ダービー馬ワカタカクモハタをはじめ数多くの大レースの勝ち馬を出している。母賢藤は現役時5勝をあげた下総御料牧場の至宝ともいうべき繁殖牝馬で、天皇賞を制したハッピーマイトの妹である。オーナーとなる栗林友二氏が競り市でクリフジを見て、二万円から始まった競り値であったにも関わらず、いきなり「四万円」と叫び、この馬を手に入れたという逸話が残されている。
 さて東京の尾形藤吉厩舎に入厩したクリフジであったが、当時の牡馬の平均よりも遙かに大型馬ゆえにデビューが遅れ、現在の桜花賞、皐月賞も終わった四歳の5月16日であった。東京のデビュー戦と中2週で挑んだ呼馬を連勝して、連闘でダービーに駒を進めた。現在では考えられないローテーションだが、当時は珍しくなく、現在は禁止されている2日連続で使う「連闘」もあった。1941年に開戦した太平洋戦争(大東亜戦争)は1943年になるこのころにはいよいよ旗色が悪くなりつつあった。それでもダービーには史上最多の25頭が出走した。クリフジは1番人気に支持された。スタートでクリフジは大きく出遅れた。しかし他馬とは断然違う脚色で加速すると、2着キングゼア以下に6馬身差をつけて優勝した。しかも前年のミナミホマレのレコードを1秒6も短縮した。ヒサトモに続き2頭目の牝馬によるダービー制覇で、このクリフジ以来牝馬によるダービー制覇は絶無である。このクリフジに全レース騎乗することになる前田長吉騎手は先頭に立ったあと、後ろを振り返ってばかりいた理由を聞かれ「後ろから何も聞こえないので心配になった」とレース後にもらした。前田氏は当時見習い騎手で、後に軍隊に応酬され戦死してしまった。
 四歳秋、ダービーを獲得したクリフジは残る菊花賞(当時京都農林省賞典四歳呼馬)とオークス(当時阪神優駿牝馬)を目指して西下した。当時のオークスは秋季の阪神で開催されていたのである。まず阪神で古馬相手に3馬身差で勝って、牝馬限定のオークスをミスセフト以下に10馬身差のレコード勝ち。そして舞台を京都に移し、またも古馬相手に63キロ、62.5キロを背負ってそれぞれ10馬身差で楽勝。中2週で挑んだ菊花賞もヒロサクラ以下に大差で楽勝した。  五歳となった1944年は戦局が悪化し、本土の爆撃が始まり、馬の輸送もままならない状態となった。競馬は馬券の発売はなく、能力検定競走として行われた。古馬の目標たる天皇賞(当時帝室御賞典)に出走することなく、3戦で競走生活を終えた。
 年藤と名を変えて繁殖生活に入ったクリフジは1954年二冠牝馬ヤマイチを出すなど優秀な成績をおさめた。1964年死去した。
 牝馬でありながらのダービー、菊花賞に勝ち、牝馬限定のオークスを制したクリフジは史上唯一の「変形三冠馬」である。もしデビューが早ければ、その年の桜花賞と皐月賞は中山で行われていたので、5大クラシック全勝という「真正五冠馬」が誕生していたかもしれない。そんなクリフジがJRA顕彰馬に選ばれたのは当然といえよう。11戦11勝という完璧な競走成績は最多連勝記録としても最多全勝記録としても未だ破られぬ記録であり、また3つのレコード勝ち、9勝が5馬身差以上という圧倒的な内容も比類ないもので、そして全レースで1番人気に支持された数少ない馬であることから、史上最強の牝馬という称号は相応しいものであり、競走成績においてこの馬に並ぶ馬はあっても越える馬はいないといっても過言ではないだろう。
2001年10月6日筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
1943/5/16 東京 新呼馬 1800 5 1 1 1:58.0 前田長吉 52 (トシシロ)
1943/5/30 東京 四歳呼馬 1600 7 1 1 1:42.2 前田長吉 53 (ミスセフト)
1943/6/6 東京 東京優駿 2400 25 1 1 R2:31.4 前田長吉 56.5 (キングゼヤ)
1943/9/25 鳴尾 古呼馬 2400 7 1 1 2:34.4 前田長吉 57 (ハヤタケ)
1943/10/3 鳴尾 優駿牝馬 2400 10 1 1 R2:34.0 前田長吉 57 (ミスセフト)
1943/10/23 京都 古呼馬 2000 11 1 1 2:07.0 前田長吉 63 (セリーライト)
1943/10/31 京都 古呼馬 2600 5 1 1 2:53.1 前田長吉 62.5 (ホウトクヤマ)
1943/11/14 京都 京都農林省賞典四歳呼馬(菊花賞) 3000 8 1 1 3:19.3 前田長吉 55.5 (ヒロサクラ)
1944/4/23 東京 五歳 1600 - 9 - 1 1:48.2 前田長吉 60 (ムラフト)
1944/4/30 東京 五歳 2000 - 3 - 1 2:17.2 前田長吉 58.5 (ツガル)
1944/5/7 東京 横浜記念 2400 - 3 - 1 R2:39.4 前田長吉 58.5 (ツガル)

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 0.000
1400〜1900m未満 33001.000
1900〜2200m未満 22001.000
2200〜2800m未満 55001.000 1943東京優駿 1943優駿牝馬
2800m以上 11001.000 1943京都農林省賞典四歳呼馬(菊花賞)
芝コース通算1111001.000 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
京都33001.000 1943京都農林省賞典四歳呼馬(菊花賞)
東京66001.000 1943東京優駿
鳴尾22001.000 1943優駿牝馬
通算1111001.000 

5代血統表
トウルヌソル
Tournesol
1922 鹿
Gainsborough Bayardo Bay Ronald Hampton
Black Duchess
Galicia Galopin
Isoletta
Rosedrop St.Frusquin St.Simon
Isabel
Rosaline Trenton
Rosalys
Soliste Prince William Bill of Portland St.Simon
Electric Light
La Vierge Hampton
Elizabeth
Sees Chesterfield Wisdom
Bramble
La Goulue Prism
Rosary
賢藤
1926 栗
チャペルブラムプトン Beppo Marco Barcaldine
Novitiate
Pitti St.Frusquin
Florence
Mesquite Sainfoin Springfield
Sanda
St.Silave St.Serf
Golden Iris
種光 ラシカッター Persimmon St.Simon
Perdita
Curbstone Plebeian
Granite
第二アストニシメント インタグリオー Childwick
Cameo
アストニシメント Quickly Wise
Twirl


検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system