ショウナンカンプ

Shonan Kampf

厩戸 ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績] [実績] [血統表]

ショウナンカンプの画像
著作権
1998/3/7生 
牡  鹿毛
父:サクラバクシンオー 母:ショウナングレイス (by ラッキーソブリン)
生産者:浦河・大柳ファーム(JPN)
馬主:国本哲秀氏
調教師:大久保洋吉(美浦)

・中央所属時成績
3 歳時 8戦 3勝
4 歳時 9戦 4勝 高松宮記念
5 歳時 2戦 1勝
中央通算 19戦 8勝
全通算 19戦 8勝

[解 説]
 ショウナンカンプは1998年3月、浦河・大柳ファームにて生まれた。父サクラバクシンオーはテスコボーイの晩年の傑作天皇賞馬サクラユタカオーを父に、天皇賞馬・有馬記念を制したアンバーシャダイの妹クリアアンバーを母に持ち、現役時代は21戦11勝。1993年及び1994年スプリンターズステークスを連覇した短距離のスペシャリストであった。母ショウナングレイスは現役時10戦2勝と平凡ではあるが、母方の魅惑的な血統が目を引く。ショウナングレイスの母ヤセイコーソの父は「万能の怪物」といわれたタケシバオーである。海外の2戦こそ惨敗し、大レースの勝ち鞍は天皇賞のみであるが、距離、馬場、斤量など全く不問の活躍で26戦16勝。国内では3着以下はなしという安定感を示し、2004年度に顕彰馬に選定されている。さらにヤセイコーソの4代母はアサマユリでこの子孫には菊花賞馬メジロデュレン、菊花賞に加えて天皇賞・春を連覇し、顕彰馬に選定されているメジロマックイーンなどがいる。さらにアサマユリの父は1953年の皐月賞、ダービーを制した二冠馬ボスト二アンである。ショウナンカンプの母の父ラッキーソブリンはイギリス最後の三冠馬ニジンスキーを父に持つとはいえ、現役時代は15戦1勝。しかしその1勝は英国ダービーの前哨戦ダンテS(G3)であり、その後アイルランドダービーで2着している。その実績を買われて種牡馬入りし、1978年より日本にて供用。阪神三歳Sを勝ったロングハヤブサ、ラッキーゲランなどの地味ながら長く活躍する産駒を輩出した。このように錚々たる名馬の名が連なるショウナンカンプの血統は、昔を知る競馬ファンなら琴線に触れることは間違いのないものである。
 国本哲秀氏の持ち馬として美浦・大久保洋吉厩舎に入厩したショウナンカンプは2001年1月7日、3歳中山ダート1800m新馬戦で吉田豊騎手を鞍上に初出走。4番人気の11着と敗退。折り返しの新馬戦も3着に敗れた。陣営は体制を立て直し、すでにダービーも終わった6月東京の未勝利戦に出走させたが6着。7月福島でようやく勝ち上がった。その後函館、札幌に転戦し、条件戦を2着10着1着。12月の中山の初霜特別を勝ってオープン入りした。
 翌2002年4歳となったショウナンカンプは1月東京のダート重賞ガーネットステークス(G3)に出走も11着に敗れた。西下し京都の橿原ステークスも3着に終わった。これまで陣営はショウナンカンプの脚元を心配してダートにしか使っていなかった。しかしダートで伸び悩んでいる現状を打破するために、芝に活路を見いだすことになった。2月京都の山城ステークスは芝1200m。5番人気と評価は低かったが、テン乗りの藤田伸二騎手を鞍上に、サンデーサイレンス産駒のスピード牝馬として頭角を現しつつあったビリーヴに2馬身半差をつける逃げ切り勝ちを収めた。自信を深めた陣営は、中山のオーシャンステークス勝ちを手土産に高松宮記念に挑戦することになった。
 第32回高松宮記念(G1)は夏を思わせるような好天に恵まれた。1番人気は昨年の覇者トロットスターで、かつての2歳王者で漸く復活したアドマイヤコジーンがそれに続いた。ショウナンカンプは連勝中とはいえ、使い込まれていること、左回りの実績がないこと、また重賞勝ちどころか芝の重賞が初挑戦ということもあって3番人気であった。ショウナンカンプの鞍上藤田騎手はスタートに注意した。とにかくハナを切って気分よく走らせなければ勝算はない。首尾よくスタートが切れた。後続はペースが速いと感じて控えた。しかしこれはショウナンカンプのペースであった。直線に入っても逃げ足が衰えず、追い込んできたアドマイヤコジーンを3馬身差をつける圧勝であった。サクラバクシンオーにとっては初めてのG1勝ち馬であった。父と同じ芝のスプリント路線でショウナンカンプの才能が開花したわけである。
 その後は函館スプリントステークス(G3)4着を叩いて、新潟で代替開催されたスプリンターズステークス(G1)に出走するも、ビリーヴに山城ステークスの雪辱をされて3着。10月京都のスワンステークスに勝って、12月勇躍、香港に遠征。香港スプリント(国際G1)に出走するもさすがに世界の壁は厚く10着に惨敗した。
 2003年5歳となったショウナンカンプは高松宮記念連覇を目指し西下し、阪急杯(G3)を59キロを背負いながら逃げ切って幸先のいいスタート。しかし高松宮記念は1番人気に推されながら、直線で後退する7着に敗れた。その後脚部不安が発生したため、同年6月引退、同年7月函館にて引退式が行われた。
 静内のレックススタッドにて種牡馬としての生活を送っているショウナンカンプの使命は、テスコボーイ直系の後継種牡馬となれるような大物を輩出することだろう。テスコボーイ系種牡馬は70年代から80年代にかけて日本の馬産を席巻しながら、近年サンデーサイレンス系種牡馬に駆逐されてしまった。馬産の現状を考えればその可能性は非常に低いのだが、この貴重な日本のスピード血統という財産を相続する産駒の出現を期待したい。
2004年12月19日筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
3 2001/1/7 中山 新馬 ダ1800 13 4 11 2:00.1 吉田豊 55 490 ケイアイサウンド
2001/1/21 中山 新馬 ダ1200 16 5 3 1:12.6 高橋智大 52 490 ティエッチコマンド
2001/6/3 東京 未勝利 ダ1600 16 3 6 1:40.1 吉田豊 55 488 リアルブルーバード
2001/7/1 福島 未勝利 ダ1000 12 1 1 0:59.4 吉田豊 55 490 (サンライズマヤッカ)
2001/7/22 函館 500万下 ダ1000 12 5 2 0:59.3 吉田豊 55 488 キャッツプライド
2001/8/4 札幌 500万下 ダ1000 12 1 10 1:00.9 中舘英二 55 486 タイキルビー
2001/8/18 札幌 500万下 ダ1000 12 2 1 0:59.1 中舘英二 55 492 (オートバクシンオー)
2001/12/8 中山 初霜特別 ダ1200 13 4 1 1:09.9 吉田豊 55 482 (マルターズホーク)
4 2002/1/6 東京 ガーネットステークス(G3) ダ1200 16 6 11 1:11.9 吉田豊 55 482 ブロードアピール
2002/2/3 京都 橿原ステークス ダ1200 16 3 3 1:11.8 河内洋 55 482 ディバインシルバー
2002/2/17 京都 山城ステークス 1200 10 5 1 1:07.8 藤田伸二 56 486 (ビリーヴ)
2002/3/2 中山 オーシャンステークス 1200 14 1 1 1:07.3 吉田豊 56 488 (ナムラマイカ)
2002/3/24 中京 高松宮記念(G1) 1200 18 3 1 1:08.4 藤田伸二 57 484 (アドマイヤコジーン)
2002/6/30 函館 函館スプリントステークス(G3) 1200 12 1 4 1:10.8 藤田伸二 56 484 サニングデール
2002/9/28 新潟 スプリンターズステークス(G1) 1200 11 2 3 1:07.9 藤田伸二 57 492 ビリーヴ
2002/10/26 京都 スワンステークス(G2) 1400 18 2 1 1:19.8 藤田伸二 59 492 (リキアイタイカン)
2002/12/15 Syantin
(HKG)
香港スプリント(国際G1) 1000 堅良 14 4 10 0:57.4 藤田伸二 57 --- All Thrills Too
5 2003/3/2 阪神 阪急杯(G3) 1200 15 1 1 1:08.5 藤田伸二 59 488 (サニングデール)
2003/3/30 中京 高松宮記念(G1) 1200 18 1 7 1:08.6 藤田伸二 57 484 ビリーヴ

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 Sprint 84010.500 2002高松宮記念
ダート1400m未満 Sprint 83120.500
1400〜1900m未満 Mile 11001.000
ダート1400〜1900m未満 Mile 20000.000
1900〜2200m未満 Intermediate 0.000
2200〜2800m未満 Long 0.000
2800m以上 Extended 0.000
芝コース通算95010.556 
ダートコース通算103120.400 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
札幌21000.500
中京21000.500 2002高松宮記念
中山42010.500
京都32010.667
東京20000.000
函館20100.500
Syantin(HKG)10000.000
福島11001.000
新潟10010.000
阪神11001.000
通算198130.474 

5代血統表
サクラバクシンオー
1989 鹿
サクラユタカオー テスコボーイ Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Suncourt Hyperion
Inquisition
アンジェリカ ネヴァービート Never Say Die
Bride Elect
スターハイネス ユアハイネス
スターロッチ
サクラハゴロモ ノーザンテースト Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
クリアアンバー Ambiopoise Ambiorix
Bull Poise
One Clear Call Gallant Man
Europa
ショウナングレイス
1989 鹿
ラッキーソブリン Nijinsky Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
Sovereign Pardao Pardal
Three Weeks
Urshalim Nasrullah
Horama
ヤセイコーソ タケシバオー チャイナロック Rockefella
May Wong
タカツナミ ヤシママンナ
クニビキ
メジロチドリ ベンマーシャル Botticelli
Belladonna
メジロハリマ ネヴァービート
アサマユリ


検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system