テスコガビー

Tesco Gaby

厩戸名馬の館G1競走大研究Wikipedia ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

1972/4/14生 1977/1/19没
牝  青毛
父:テスコボーイ 母:キタノリュウ (by モンタヴァル)
生産者:静内・福岡巌(JPN)
馬主:長島忠雄氏
調教師:仲住芳雄(東京)

・中央所属時成績
三歳時 3戦 3勝
四歳時 6戦 4勝 桜花賞 優駿牝馬
五歳時 1戦 0勝
中央通算 10戦 7勝
全通算 10戦 7勝

[解 説]
 テスコガビーは1972年4月14日、静内の福岡巌氏の牧場にて生まれた。父テスコボーイは1970年代を席巻したリーディングサイヤーで、ダービー以外の全ての大レースに勝った。代表産駒は数多くいるが、G1級レースを2勝した馬としては、皐月賞・有馬記念・宝塚記念を勝ち種牡馬としても大成功したトウショウボーイ、皐月賞と菊花賞に勝ったキタノカチドキがいる。G1級レース1勝馬や重賞勝ち馬に至っては紙面を覆い尽くすほどである。また母の父としてもマイルCSなどに勝ったトロットサンダーなどがおり、日本古来の牝系に入り込んで今なお影響を与え続けている。母キタノリュウはモンタヴァル産駒で現役時代25戦1勝と平凡な成績。しかし五代母慶歌の母は名門小岩井牧場の至宝ビューティフルドリーマーで福岡牧場きっての良血馬である。今から見れば名門の牝系にテスコボーイのスピードを配合させたと見ることができるが、キタノリュウにテスコボーイを種付けした頃は、テスコボーイは初年度産駒がデビューしたところで評価は定まっていなかった。福岡牧場も繁殖牝馬10頭足らずの小規模牧場であった。要するに生まれる前のテスコガビーは当事者たる福岡牧場の人々の期待は別として、巨大な生産界から見れば取るに足りない平凡な馬だったのである。しかし生まれたテスコガビーはその抜群の馬っぷりがたちまち評判となった。常に堂々と落ち着いた漆黒の青毛の馬体は牡馬と見間違うほど立派なものであった。
 やがてテスコガビーは長島忠雄氏の持ち馬として、この馬の購入に関わった東京・仲住芳雄厩舎に入厩した。ちなみにガビーとは長島氏の隣に住んでいたスイス人貿易商の娘ガブリエル・シャーチちゃんに由来している。仕上がりも早く9月の東京新馬戦で菅原泰夫騎手を鞍上にデビューした。右回り芝の1200mをスタートダッシュだけで勝負がついて2着馬を7馬身ちぎる快走を見せると、次の府中三歳ステークスも楽勝。中山の京成杯三歳ステークスもレコードで重賞勝ち。3戦3勝で最優秀三歳牝馬に選ばれた。
 四歳になっても快進撃は続き、京成杯でも逃げ切って辛勝ながら牡馬を一蹴。さらに強敵を求めて牝馬が出走することはほとんどない東京四歳ステークスに駒を進めた。ここには牡馬クラシック戦線の主役となろうとしていたカブラヤオーが出走していた。しかしこのカブラヤオーは菅原騎手もお手馬であった。菅原は悩んだが、自厩舎のカブラヤオーには弟弟子の菅野騎手に乗ってもらい、他厩舎のテスコガビーを選択した。馬場は重馬場でカブラヤオーに1番人気を譲った。同タイプの逃げ馬でレース展開に興味がもたれたが、テスコガビーが2番手に控える展開となった。直線の勝負処でカブラヤオーに寄られるという不利があったが、クビの差の2着。重馬場と不利がなければ勝っていただろう、と陣営は残念がった。
 自信満々で西下した阪神四歳牝馬特別は単勝支持率が実に87.2%の圧倒的一番人気に推された、テスコガビーは初輸送、初コースで相当イレ込んでいたがレコードで楽勝。牝馬同士なら全く桁外れの強さで、桜花賞も当然の1番人気となり3枠7番に単枠指定された。その桜花賞は大方の予想を超えたものであった。好スタートから先頭を奪うと、もう他の馬はついていけなかった。直線では他の21頭を引き離すばかりで、「後ろからは何にも来ない。赤の帽子ただひとつ、ぐんぐんぐんぐんゴールに向かう。」と実況の杉本清アナも絶叫した。勝ち時計は1分34秒9の桜花賞レコード。2着ジョーケンプトンにつけた着差は大差。1600mの距離で争われる桜花賞では通常考えられない着差で、桜花賞史上に後にも先にも例がない。ちなみにこの勝ち時計は1988年にアラホウトクによって更新されるまで13年間も保持し続けた。
 陣営はオークスへは直行の予定であったが、オーナーの要望により、オークストライアル東京四歳牝馬特別に出走した。しかしよもやの3着に敗戦。距離延長と体調不良も相まって、1番人気に支持されたものの不安を抱えてのオークスに挑むことになった。しかし何も心配はいらなかった。菅原騎手が軽く先頭を奪うと、2着ソシアルトウショウに8馬身差をつける楽勝だった。過去桜花賞、オークスを連覇した牝馬二冠馬は過去4頭いたが、これほどまでの着差をつけて勝ったのは前代未聞であった。
 秋はビクトリアカップを目指したが、9月に右前球節に外傷を負い、10月には右後肢を捻挫した。復帰はオークスから1年後の東京のオープンであった。しかし11頭立ての6着に惨敗。かなり太かったのは確かだが、桜花賞やオークスの頃の闘志は失われていた。そして間もなく右のトモを痛めてしまい、浦河の日綜牧場に放牧された。陣営は二冠牝馬を看板に引退することを考えたが、オーナーが現役続行を希望し、1976年12月仲住氏の関係する青森の明神ファームで現役復帰へのトレーニングが開始された。しかし1977年1月19日、トレーニング中の雪の舞う酷寒の牧場で心臓麻痺で死亡した。テスコガビーの遺骨はオーナーに引き取ることもなく明神ファームの関係者が作った墓に埋葬された。繁殖馬としての能力を発揮する機会が得られなかったのはなんとも残念であった。
 テスコガビーは500キロ近い青毛の巨漢馬で、ほとんどのレースで無粋な覆面をしていてたせいで、無骨な印象を受けるが、実は大変な美しい馬体と可憐な顔立ちをしていた。ある人は「テスコガビーの歩様にはありし日のモンロー・ウォークを彷彿させるものがある」とまで言った。二冠牝馬の栄光以外に何が欲しかったのか、人間の勝手で不本意な現役続行を強要されたテスコガビーは、華やかな現役時代とあまりに対照的な無惨な死を迎えたと言っても過言ではない。「美人薄命」を地で行くようなもので、同期の二冠馬カブラヤオーが繁殖馬としてある程度の成功した上に長寿を保ったのと対照的であった。「黒い弾丸娘」は史上最強の二冠牝馬であることに間違いはなかろう。
2003年12月8日筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1974/9/15 東京 新馬 1200 9 1 1 1:10.9 菅原泰夫 52 480 (タイトマッチ)
1974/9/29 東京 府中三歳ステークス 1400 6 1 1 1:24.4 菅原泰夫 52 486 (アンセルモ)
1974/10/20 中山 京成杯三歳ステークス 1200 7 2 1 R1:10.2 菅原泰夫 52 472 (イーデンアロー)
1975/1/12 東京 京成杯 1600 14 1 1 1:37.5 菅原泰夫 53 486 (イシノマサル)
1975/2/9 東京 東京四歳ステークス 1800 7 2 2 1:52.1 菅原泰夫 54 492 カブラヤオー
1975/3/16 阪神 阪神四歳牝馬特別 1200 11 1 1 R1:10.4 菅原泰夫 54 484 (キシューファイター)
1975/4/6 阪神 桜花賞 1600 22 1 1 1:34.9 菅原泰夫 55 478 (ジョーケンプトン)
1975/4/27 東京 四歳牝馬特別 1800 15 1 3 1:51.4 菅原泰夫 54 488 トウホーパール
1975/5/18 東京 優駿牝馬 2400 20 1 1 2:30.6 菅原泰夫 55 486 (ソシアルトウショウ)
1976/5/2 東京 オープン ダ1200 11 1 6 1:13.0 菅原泰夫 53 502 (キリグリマ)

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 33001.000
ダート1400m未満 10000.000
1400〜1900m未満 53110.800 1975桜花賞
1900〜2200m未満 0.000
2200〜2800m未満 11001.000 1975優駿牝馬
2800m以上 0.000
芝コース通算97110.889 
ダートコース通算10000.000 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
中山11001.000
東京74110.714 1975優駿牝馬
阪神22001.000 1975桜花賞
通算107110.800 

5代血統表
テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿
Princely Gift Nasrullah Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
Blue Gem Blue Peter Fairway
Fancy Free
Sparkle Blandford
Gleam
Suncourt Hyperion Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
Inquisition Dastur Solario
Friar's Daughter
Jury Hurry On
Trustful
キタノリュウ
1965 栗
モンタヴァル Norseman Umidwar Blandford
Uganda
Tara Teddy
Jean Gow
Ballynash Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Ballywellbroke Ballyferis
The Beggar
オックスフォード ライジングフレーム The Phoenix Chateau Bouscaut
Fille de Poete
Admirable Nearco
Silvia
ヨシヒロ 月友 Man o'War
星友
万楽 チャペルブラムプトン
慶歌


作成 2012/04/ 9
検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system