トウショウボーイ

Tosho Boy

厩戸名馬の館G1競走大研究 ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

1973/4/15生 1992/9/18没
牡  鹿毛
父:テスコボーイ 母:ソシアルバターフライ (by Your Host)
生産者:静内・藤正牧場(JPN)
馬主:トウショウ産業(株)
調教師:保田隆芳(東京)

・中央所属時成績
四歳時10戦 7勝 皐月賞 有馬記念
五歳時 5戦 3勝 宝塚記念
中央通算 15戦10勝
全通算 15戦10勝

[解 説]
トウショウボーイは1973年4月、北海道静内の藤正牧場にて生まれた。父テスコボーイはイギリス産で日本導入後におけるその産駒のクラシック成績はダービーを除いて全勝。典型的なスピード血統のため距離の壁に泣く馬が多かったが、天皇賞馬としてホクトボーイをだすなど母系の相性によっては克服することも少なくなかった。1978年から4年連続リーディングサイヤーを獲得するなどノーザンテーストが出現するまで、日本の生産界に君臨した大種牡馬といえる。母ソシアルバターフライはアメリカ産。1971年に輸入されてから12頭の仔を生み、競走馬としてデビューした10頭は全て2勝以上をあげるという非常に希な成功を収めた名牝であった。トウショウボーイは彼女の8番仔であった。ハイペリオンの4X3というその配合には競走馬としてだけでなく繁殖馬としても成功して欲しいいう牧場の願いが込められていた。
 生産者でもあるトウショウ産業の持ち馬として、東京保田隆芳厩舎に入厩。腰が甘いところがあってデビューは遅れ、1月末の東京の新馬戦であった。これをあっさりと勝ったわけだが、このレースには後にライバルとなるグリーングラスとトウショウボーイと配合され三冠馬ミスターシービーを生むことになるシービークインが出走していた。その後もつくし賞、れんげ賞と連勝してその見事な勝ちっぷりから、クラシック戦線の主役と目されていた無敗の関西馬テンポイントすら凌駕するのではないかと思わせた。皐月賞は厩務員ストの影響で1週間延び東京で行われることになった。2番人気のトウショウボーイは直線軽く気合を入れると、テンポイントに5馬身差をつけて圧勝。あまりの圧勝ぶりにダービーでは断然の1番人気に支持された。しかし鞍上の池上騎手が過度に緊張していたのか、意に反して逃げ戦法をとることになった。それでも絶対能力で克服できるかと思われたが、加賀騎乗のクライムカイザーの出し抜けを食い2着に敗れた。次に夏の札幌記念に出走するという異例のローテーション。しかしここでもダートの鬼グレートセイカンの2着に敗れた。
 秋緒戦は神戸新聞杯から始動。鞍上は当時天才と称せられた福永洋一に乗り替わった。これを1分58秒9という驚異的な日本レコードで完勝。つづく京都新聞杯でも重馬場を克服し、菊花賞を1番人気で迎えられた。そつなくレースを進めたかに思えたが、スタミナ切れか直線で伸びを欠いた。勝ったのは辛うじて菊花賞への出走権を得たグリーングラス。春のライバルテンポイントにも先着され3着に敗れた。しかし武邦彦を鞍上に1番人気で迎えられた有馬記念では本来のスピードを発揮しテンポイント以下にレコード勝ちした。
 五歳春は天皇賞を目指して西下したものの右肩に不安が生じて直前に回避。初戦は宝塚記念となった。この年の宝塚記念は6頭立てながら、天皇賞・春を制したテンポイントの他グリーングラスクライムカイザーの同期クラシック馬に、天皇賞馬アイフル、そして後に天皇賞を制するホクトボーイが出走するという豪華メンバーであった。久々の実戦が憂慮されて2番人気であったが、スタート後すぐ先頭に立つと、テンポイント以下の追随を許さず逃げきり勝ち。続く中京の高松宮杯も重馬場、62キロを克服。単勝複勝とも100円の元返しという人気に応える圧勝で、中距離では敵なしを見せつけた。
 マルゼンスキーと対決する予定だった札幌短距離ステークスは深管骨瘤が出て回避。天皇賞・秋を目指して中山オープン1600mに出走し1分33秒6という当時としては破格の日本レコード勝ち。しかし断然の1番人気で出走した天皇賞は、渋った馬場、グリーングラスとの無理な競り合いでスタミナが切れ、ホクトボーイの7着に惨敗した。
 陣営は次走の有馬記念を最後に引退を表明していた。トウショウボーイに度々敗れていたライバルのテンポイントにとっては雪辱する最後のチャンスであった。レースはそのテンポイントとトウショウボーイが互いに先頭を譲らずマッチレースのような展開になった。まるでテンポイントの執念にトウショウボーイが応えているかのようであった。勝負はテンポイントの気力が勝りトウショウボーイは3/4馬身差の2着に敗れた。しかし調子落ちが伝えられながらもテンポイントを差し返しにでたトウショウボーイにも惜しみない賞賛の拍手が贈られた。この1977年有馬記念は日本競馬史上最高の名勝負としてその後長く記憶されることになる。
 トウショウボーイは翌1978年1月8日、東京競馬場で引退式を行いファンに別れを告げた。15戦10勝という成績で引退したトウショウボーイは周囲の期待に応えるかのように素晴らしい種牡馬成績をあげた。G1馬だけでも三冠馬で天皇賞を制したミスターシービーを筆頭に、桜花賞のアラホートクにシスタートウショウ、マイルCSのパッシングショット、安田記念にスプリンターズSのダイイチルビーなどを世に送り、内国産種牡馬のエースとして君臨した。1982年には並み居る外国産種牡馬を差し置いて三歳リーディングサイヤーに輝いている。日高軽種馬農協の所有で種付け料が安く抑えられていたこともあって、零細牧場にとっては「お助けボーイ」と有り難がられた。
 1992年9月、種牡馬生活を送っていた浦河種牡馬場にて死亡。死因は偶然にもライバルテンポイントと同じで蹄葉炎であった。
 名競走馬であり名種牡馬であったトウショウボーイは1984年にJRA顕彰馬に選ばれた。競走馬としては獲得した勲章は少なかったが、現在のように距離別路線が整備されていたらより多く獲得していたことは間違いない。残念なのはミスターシービーを筆頭として産駒の種牡馬成績が芳しくなく、トウショウボーイ系ともいうべきサイヤーラインを形成するには至らなかったことだろう。しかし牝馬に多くの活躍馬を残しており、彼女らがその直仔でなくとも何代目かに優秀馬を輩出するかもしれず、その時また血統表にトウショウボーイの名を見つけることになるだろう。
2001年4月1日筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1976/1/31 東京 新馬 1400 18 1 1 1:24.7 池上昌弘 54 502 (ローヤルセイカン)
1976/2/22 東京 つくし賞 ダ1400 12 1 1 1:24.8 池上昌弘 54 498 (ホウヨウシルバア)
1976/3/20 中山 れんげ賞 1800 8 1 1 1:51.9 池上昌弘 54 492 (ケイシュウフオード)
1976/4/25 東京 皐月賞 2000 15 2 1 2:01.6 池上昌弘 57 504 (テンポイント)
1976/5/30 東京 東京優駿 2400 27 1 2 2:27.8 池上昌弘 57 502 クライムカイザー
1976/7/11 札幌 札幌記念 ダ2000 10 1 2 2:03.5 池上昌弘 58 502 グレートセイカン
1976/10/3 阪神 神戸新聞杯 2000 9 1 1 R1:58.9 福永洋一 56 510 (クライムカイザー)
1976/10/24 阪神 京都新聞杯 2000 8 1 1 2:02.2 福永洋一 57 514 (クライムカイザー)
1976/11/14 京都 菊花賞 3000 21 1 3 3:10.7 福永洋一 57 510 グリーングラス
1976/12/19 中山 有馬記念 2500 14 1 1 R2:34.0 武邦彦 54 506 (テンポイント)
1977/6/5 阪神 宝塚記念 2200 6 2 1 2:13.0 武邦彦 55 506 (テンポイント)
1977/6/26 中京 高松宮杯 2000 9 1 1 2:03.8 武邦彦 62 502 (センターグッド)
1977/10/23 中山 オープン 1600 6 1 1 R1:33.6 黛幸弘 58 510 (カネコフジ)
1977/11/27 東京 天皇賞・秋 3200 12 1 7 3:23.8 武邦彦 58 518 ホクトボーイ
1977/12/18 中山 有馬記念 2500 8 2 2 2:35.5 武邦彦 56 510 テンポイント

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 0.000
1400〜1900m未満 33001.000
ダート1400〜1900m未満 11001.000
1900〜2200m未満 44001.000 1976皐月賞
ダート1900〜2200m未満 10101.000
2200〜2800m未満 42201.000 1977宝塚記念 1976有馬記念
ダート2200〜2800m未満 0.000
2800m以上 20010.000
芝コース通算139210.846 
ダートコース通算21101.000 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
札幌10101.000
中京11001.000
中山43101.000 1976有馬記念
京都10010.000
東京53100.800 1976皐月賞
阪神33001.000 1977宝塚記念
通算1510310.867 

5代血統表
テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿
Princely Gift Nasrullah Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
Blue Gem Blue Peter Fairway
Fancy Free
Sparkle Blandford
Gleam
Suncourt Hyperion Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Selene Chaucer
Serenissima
Inquisition Dastur Solario
Friar's Daughter
Jury Hurry On
Trustful
ソシアルバターフライ
Social Butterfly
1957 鹿
Your Host Alibhai Hyperion Gainsborough
Selene
Teresina Tracery
Blue Tit
Boudoir Mahmoud Blenheim
Mah Mahal
Kampala Clarissimus
La Soupe
Wisteria Easton Dark Legend Dark Ronald
Golden Legend
Phaona Phalaris
Destination
Blue Cyprus Blue Larkspur Black Servant
Blossom Time
Peggy Porter The Porter
Pretty Peggy


検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system