厩戸G1メニュー 沿革 歴代優勝馬

天皇賞・春の馬番別成績[京都3200m]
馬番優勝回数優勝馬名
1 11
トキノチカラ(第6回1940年)◆鳴尾3200m
ミツハタ(第25回1952年)
タケホープ(第69回1974年)
イナリワン(第99回1989年)
サクラローレル(第113回1996年)
テイエムオペラオー(第123回2001年)
ビートブラック(第145回2012年)
ゴールドシップ(第151回2015年)
キタサンブラック(第153回2016年)
ワールドプレミア(第163回2021年)◆阪神3200m
ジャスティンパレス(第167回2023年)
2 5
オンスロート(第45回1962年)
コレヒサ(第47回1963年)
タケシバオー(第59回1969年)
マイネルキッツ(第139回2009年)
ヒルノダムール(第143回2011年)
3 13
ハセパーク(第2回1938年)◆鳴尾2700m
グランドライト(第12回1943年)◆鳴尾3200m
レダ(第27回1953年)
ヤマニンモアー(第43回1961年)
リキエイカン(第61回1970年)◆阪神3200m
グリーングラス(第77回1978年)
ニチドウタロー(第81回1980年)◆阪神3200m
モンテプリンス(第85回1982年)
クシロキング(第93回1986年)
ライスシャワー(第107回1993年)
ライスシャワー(第111回1995年)
スペシャルウィーク(第119回1999年)
キタサンブラック(第155回2017年)
4 5
クリペロ(第41回1960年)
ヒカルポーラ(第49回1964年)
アサホコ(第51回1965年)◆阪神3200m
マヤノトップガン(第115回1997年)
マンハッタンカフェ(第125回2002年)
5 7
ミハルオー(第19回1949年)
ハクリヨウ(第29回1954年)
タイテエム(第67回1973年)
スーパークリーク(第101回1990年)
メジロマックイーン(第105回1992年)
メジロブライト(第117回1998年)
テイエムオペラオー(第121回2000年)
6 6
シーマー(第17回1948年)
カツラノハイセイコ(第83回1981年)
ミホシンザン(第95回1987年)
イングランディーレ(第129回2004年)
メイショウサムソン(第135回2007年)
フェノーメノ(第147回2013年)
7 9
スゲヌマ(第4回1939年)◆鳴尾3200m
ミナミモア(第10回1942年)◆鳴尾3200m
オーエンス(第21回1950年)
タカクラヤマ(第23回1951年)
キタノオー(第35回1957年)
トサオー(第39回1959年)
ヒカルタカイ(第57回1968年)
ディープインパクト(第133回2006年)
フェノーメノ(第149回2014年)
8 5
オーライト(第15回1947年)
メイヂヒカリ(第33回1956年)
ハクズイコウ(第53回1966年)
イチフジイサミ(第71回1975年)
タマモクロス(第97回1988年)
9 0  
10 7
マルタケ(第8回1941年)◆鳴尾3200m
ヒロサクラ(第14回1944年)
タカオー(第31回1955年)
スピードシンボリ(第55回1967年)
テンポイント(第75回1977年)
スズカマンボ(第131回2005年)
フィエールマン(第159回2019年)
11 4
オンワードゼア(第37回1958年)
エリモジョージ(第73回1976年)
ビワハヤヒデ(第109回1994年)◆阪神3200m
ヒシミラクル(第127回2003年)
12 3
メジロムサシ(第63回1971年)
ジャガーメイル(第141回2010年)
レインボーライン(第157回2018年)
13 1
アンバーシャダイ(第87回1983年)
14 3
アドマイヤジュピタ(第137回2008年)
フィエールマン(第161回2020年)
テーオーロイヤル(第169回2024年)
15 4
ベルワイド(第65回1972年)
モンテファスト(第89回1984年)
シンボリルドルフ(第91回1985年)
メジロマックイーン(第103回1991年)
16 1
タイトルホルダー(第165回2022年)◆阪神3200m
17 0  
18 1
カシュウチカラ(第79回1979年)





inserted by FC2 system