トウカイテイオー

Tokai Teio

厩戸名馬の館G1競走大研究 ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

トウカイテイオーの画像
画像提供 RACINGFIELDS.com
1988/4/20生 
牡  鹿毛
父:シンボリルドルフ 母:トウカイナチュラル (by ナイスダンサー)
生産者:新冠・長浜牧場(JPN)
馬主:内村正則氏
調教師:松元省−(栗東)

・中央所属時成績
三歳時 2戦 2勝
四歳時 4戦 4勝 皐月賞 東京優駿
五歳時 5戦 2勝 ジャパンカップ
六歳時 1戦 1勝 有馬記念
中央通算 12戦 9勝
全通算 12戦 9勝

[解 説]当HPでは漢数字の馬齢は旧年齢表記、算用数字の馬齢は満年齢表記
 トウカイテイオーは1988年新冠の長浜牧場にて生まれた。父シンボリルドルフは無敗で三冠を制した上に天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念2回も勝った日本競馬史上に残る名馬。その父パーソロンをさらにさかのぼると、サラブレッド3大始祖といわれながら今や絶滅寸前といえるバイアリータークに求めることができる。母トウカイナチュラルはナイスダンサー産駒で未出走ながら、オークス馬トウカイローマンの半妹という良血馬。6代母にダービー馬スゲヌマが名を連ねている。そもそもトウカイローマンシンボリルドルフを交配予定であったのが、トウカイローマンが現役続行したために、その妹を交配することに変更したということである。
 内村正則氏の持ち馬として栗東松元省一厩舎に入厩したトウカイテイオーは、父シンボルルドルフの愛称「皇帝」を継承した「帝王」と名付けられた期待を違わず、松元氏によって「ダービーを取れる逸材」と見抜かれた。そこでダービーの行われる東京と同じ左回りである中京でデビューすることになった。デビュー戦は安田隆之騎手を鞍上に完勝。さらに京都のシクラメンSも勝って三歳競馬を終えた。
 四歳は京都の若駒Sを叩いて、中山の皐月賞トライアルのオープンレース若葉Sに出走。ここも圧勝すると、「父をも越える名馬の誕生か」とファンは皐月賞で1番人気に支持した。弥生賞で評判の外国産馬リンドシェーバーを破ったイブキマイカグラが当面の相手と思われた。トウカイテイオーは速い流れの中好位に身を置きながら、馬群を割るのに苦労したイブキマイカグラを尻目に完勝。2着に父シンボリルドルフのライバル、ミスターシービー産駒シャコウグレイトが入りファンを喜ばせた。続くダービーでは大外枠20番に単枠指定されたが、ファンは迷うことなく断然の1番人気に支持した。有力視されたイブキマイカグラはNHK杯後に故障発生。結果はレオダーバン以下に圧勝し、父に続く無敗のダービー馬が誕生した。しかしこのレースで骨折が判明し、三冠の夢は絶たれた。
 五歳の春に復帰。盾取りを目指し、シンボリルドルフの主戦岡部騎手を鞍上に大阪杯から始動した。直線で岡部騎手が軽く気合を入れただけで2着以下を突き離す圧勝。無敗の実績と血統、そしてこのレースぶりから天皇賞では1番人気に支持された。しかしここには前年の覇者メジロマックイーンが出走していた。最強のステイヤーにはかなわず5着に敗れた。
 その後再び骨折が判明、五歳秋は天皇賞にぶっつけで出走。しかし1番人気に支持されながら、出走メンバーが弱体化していたにも関わらずレッツゴーターキンの7着とまったくいいところがなかった。続くジャパンカップは国際G1に認定されたこともあってか、過去最強の招待馬が出走してきた。そのため不調のテイオーでは荷が重かろうと5番人気に落ちた。しかし日本馬では最高の人気でファンはその潜在能力を見限っていなかった。トウカイテイオーは好位から抜け出すと、オーストラリア最強馬ナチュラリズムを激しい叩き合いで競り落し、見事にジャパンカップを手にした。この勝利があまりに強烈だったので、ファンは有馬記念で圧倒的1番人気に支持した。鞍上は騎乗停止中の岡部騎手から田原騎手に替わった。トウカイテイオーはスタートで出遅れ、後方に待機する展開となった。そのため他の有力馬も後方に控える展開となり、メジロパーマーの逃げきりを許すことになってしまった。テイオーは11着に敗れた。実はゲート内で脚を滑らせ腰を痛めてしまったのである。
 3度目の長期休養は長引き、復帰したのは1年振りとなる六歳の有馬記念であった。陣営はかつての鞍上岡部騎手に騎乗を打診したが、彼はその年の菊花賞馬ビワハヤヒデを選び1番人気に支持された。トウカイテイオーは1年振りでは荷は重かろうと4番人気であった。鞍上には昨年の雪辱に燃える田原騎手を迎えた。テイオーは道中斜行を重ねながらも、徐々に闘志を燃やしはじめ、直線でビワハヤヒデを捕らえると、これを半馬身抑えて優勝。1年振りのレースで奇跡的な勝利に大観衆は酔った。
 その後天皇賞を目指して調整が続いたが、4度目の故障が発生。今度は復活することなく引退した。社台スタリオンにて種牡馬として供用開始され現在に至っている。
 日本古来の牝系に日本最強馬の血を受け次いだその魅惑的な血統背景、鹿毛の額に走る美しい流星、3度の骨折から復帰した不屈の闘志、ハイヒールをはいたような独特な鶏跛歩様、全てがファンを魅了したトウカイテイオーは1995年顕彰馬に選ばれた。産駒成績としては、トウカイポイントが2002年のマイルチャンピオンシップに優勝した。ただしこの馬はせん馬で後継馬が得られないのが残念である。他には2003年の阪神ジュベナイルフィリーズでヤマニンシェクルが優勝。2000年の皐月賞でチタニックオーが3着に入っている。あのシンボリルドルフのほとんど唯一の後継馬なので何とかその血を受け次ぐ産駒の誕生を期待したいところである。
2001年8月19日筆
2003年8月9日加筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1990/12/1 中京 新馬 1800 13 1 1 1:52.9 安田隆行 54 460 (カラーガード)
1990/12/23 京都 シクラメンステークス 2000 9 3 1 2:03.8 安田隆行 54 460 (イイデサターン)
1991/1/19 京都 若駒ステークス 2000 9 1 1 2:01.4 安田隆行 55 460 (イイデサターン)
1991/3/17 中山 若葉ステークス 2000 10 1 1 2:03.6 安田隆行 56 460 (アサキチ)
1991/4/14 中山 皐月賞(G1) 2000 18 1 1 2:01.8 安田隆行 57 456 (シャコーグレイド)
1991/5/26 東京 東京優駿(G1) 2400 20 1 1 2:25.9 安田隆行 57 460 (レオダーバン)
1992/4/5 阪神 大阪杯(G2) 2000 8 1 1 2:06.3 岡部幸雄 58 480 (ゴールデンアワー)
1992/4/26 京都 天皇賞・春(G1) 3200 14 1 5 3:21.7 岡部幸雄 58 480 メジロマックイーン
1992/11/1 東京 天皇賞・秋(G1) 2000 18 1 7 1:59.1 岡部幸雄 58 472 レッツゴーターキン
1992/11/29 東京 ジャパンカップ(国際G1) 2400 14 5 1 2:24.6 岡部幸雄 57 470 (ナチュラリズム)
1992/12/27 中山 有馬記念(G1) 2500 16 1 11 2:34.8 田原成貴 57 460 メジロパーマー
1993/12/26 中山 有馬記念(G1) 2500 14 4 1 2:30.9 田原成貴 56 474 (ビワハヤヒデ)

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 0.000
1400〜1900m未満 11001.000
1900〜2200m未満 65000.833 1991皐月賞
2200〜2800m未満 43000.750 1991東京優駿 1992ジャパンカップ 1993有馬記念
2800m以上 10000.000
芝コース通算129000.750 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
中京11001.000
中山43000.750 1991皐月賞 1993有馬記念
京都32000.667
東京32000.667 1991東京優駿 1992ジャパンカップ
阪神11001.000
通算129000.750 

5代血統表
シンボリルドルフ
1981 鹿
パーソロン
Partholon
Milesian My Babu Djebel
Perfume
Oatflake Coup de Lyon
Avena
Paleo Pharis Pharos
Carissima
Calonice Abjer
Coronis
スイートルナ
Sweet Luna
スピードシンボリ ロイヤルチャレンヂャー Royal Charger
Skerweather
スイートイン ライジングライト
フィーナー
ダンスタイム Palestine Fair Trial
Una
Samaritaine Maravedis
Sarita
トウカイナチュラル
1982 鹿
ナイスダンサー
Nice Dancer
Northern Dancer Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Nice Princess Le Beau Prince Fontenay
Quillerie
Happy Night Alizier
Happy Grace
トウカイミドリ ファバージ Princely Gift Nasrullah
Blue Gem
Spring Offensive Legend of France
Batika
トウカイクイン アトランテイス Milesian
Atlantida
トップリュウ ファイナルスコア
ブリューリボン


検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system