サイレンススズカ

Silence Suzuka

厩戸名馬の館G1競走大研究Wikipedia ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

サイレンススズカの画像
著作権
1994/5/1生 1998/11/1没
牡  栗毛
父:サンデーサイレンス 母:ワキア (by Miswaki)
生産者:平取・稲原牧場(JPN)
馬主:永井啓弐氏
調教師:橋田満(栗東)

・中央所属時成績
四歳時 9戦 3勝
五歳時 7戦 6勝 宝塚記念
中央通算 16戦 9勝
全通算 16戦 9勝

[解 説]
 サイレンススズカは1994年、北海道・平取の稲原牧場にて生まれた。父サンデーサイレンスはケンタッキーダービー等を制した名馬で、社台ファームが導入後、我が国輸入種牡馬の中でもかつてないほどの最高の成績を収めた。産駒は主な大レースのほとんどすべてに勝っているというだけでなく、その数は特筆されるほど多く、枚挙に暇がないほどである。まだ十分な活躍を見込めた16歳の2002年8月蹄葉炎で死亡した。母ワキアはアメリカで19戦7勝の実績馬。その父はアメリカの代表的スピード系種牡馬ミスタープロスペクターの仔ミスワキで、現役時代から稲原牧場が牧場の基礎牝馬にするつもりで権利を購入していた。牧場では当初トニービンをつけるつもりで社台スタリオンにやってきたが、当日のトニービンは種付け予定が埋まっていて、急遽まだ当時産駒がデビューしていなかったサンデーサイレンスに変更したという。
 宝塚記念を勝ったスズカコバンなど稲原牧場に縁の深い永井啓弐氏の持ち馬として、栗東の橋田満厩舎に入厩したサイレンススズカのデビューは遅れ、四歳2月の京都の新馬戦であった。圧倒的1番人気で支持されたレースを馬なりで逃げきり勝ち。クラシック路線への期待が高まった。しかし出走するには賞金の上積みが必要なので、2戦目は重賞の弥生賞という異例の選択。強力出走馬を前にサイレンススズカは経験不足を露天してしまう。まずスタート前ゲートを潜りぬけてしまい外枠発走。さらに大きく出遅れた。これは逃げ馬にとって致命的で8着に惨敗。皐月賞への出走をあきらめた陣営は条件戦を勝って賞金を上積みしてから、ダービー指定オープンのプリンシパルステークスに出走した。ここをもがきながらも後の菊花賞馬マチカネフクキタル以下を下してダービー出走権を手にした。ダービーは未知の魅力を買われ4番人気。しかし逃げ宣言をしていた皐月賞馬サニーブライアンにまんまと逃げられ9着に敗れた。
 秋は神戸新聞杯から始動。逃げきるかと思われたところをマチカネフクキタルに急襲され2着。菊花賞は当初から眼中になく、天皇賞、マイルCS、香港国際カップと短中距離路線に出走した。しかし錚々たる古馬の壁は厚く、無謀なペースで逃げては自滅することをくり返し、それぞれ6着、15着、5着に敗れた。しかし香港で乗った武豊騎手はサイレンススズカのものすごい素質を見抜き、今後ともこの馬に乗せてもらえるよう陣営に依頼した。
 武豊の予想通り、五歳となったサイレンススズカは秘められた実力を開花した。東京のオープン、バレンタインステークスを逃げきり、つづいて中山記念も逃げきって待望の重賞勝ちを収めた。続いて中京の小倉大賞典と金鯱賞をレコードで逃げきり。特に金鯱賞のそれは2着に2秒差をつける大圧勝だった。もはや2000mを走る限り彼のライバルは存在しないように思えた。春の目標の宝塚記念には天皇賞馬エアグルーヴメジロブライトシルクジャスティスなどG1にふさわしい強力メンバーがそろった。武豊騎手は先約のあるエアグルーヴに騎乗したので、南井騎手が鞍上に据えられた。2200mという守備範囲外の距離だったので、ステイゴールドに3/4馬身まで詰められたものの、堂々たる逃げきり勝ちで1番人気に応えた。
 五歳秋の最大目標は天皇賞とし、前哨戦として毎日王冠を選んだ。ここには昨年の三歳王者グラスワンダーとNHKマイルCを含む全勝馬エルコンドルパサーという四歳の最精鋭が待ち構えていた。この2頭は外国産馬のため天皇賞への出走権はなかった。このためこの毎日王冠はG2であるもののG1並みの異常な熱気に包まれた。しかしここでもサイレンススズカは強かった。ハイペースで逃げながらも、直線でさらに突き離す豪脚を披露、追いすがるエルコンドルパサーに影すら踏ませず1番人気に応えた。このレースで見せたパフォーマンスはサイレンススズカの生涯最高のものであることに依存はなかろう。この勝利によりサイレンススズカの天皇賞制覇は確定的なものとなった。実績ある左回りの東京コース、距離、弱体化した出走馬、斤量、そして逃げ馬にとって願ってもない1番枠。どれをとっても勝利を裏付けるものばかりだったからである。パドックのサイレンススズカはその栗毛を黄金色の輝かせ絶好調をうかがわせた。いったいどんなレコードが生まれるのか、後続を何馬身ちぎるのか、ファンの興味はそこに集中していた。しかしサイレンススズカの逃げは4コーナーを迎えることなく終わってしまった。待っていたのは左手根骨粉砕骨折、競走中止、そして安楽死処分という最悪の結末であった。サイレンススズカが唯一負けるとすれば故障することだけだ、といわれたものだが、現実に目の当たりにしたファンは絶句しなければならなかった。
 翌日のスポーツ新聞は1面にこの死が大きく取りあげられ、普段競馬を見ない人々からも同情を誘った。サイレンススズカは一介の逃げ馬ではなかった。一般に名馬といわれる馬は大部分において好位差しであって、展開に注文が付く逃げ馬というのは極めて少ない。サイレンススズカは他の馬がついてこれないペースで逃げて、さらに直線で突き離すという展開不問の痛快な逃げ馬であった。相撲の世界では寄り切りが一番勝率が高く、現実に横綱相撲とはそのようなものである。しかし相撲ファンはというのは大体においてそのような相撲に退屈しており、人気があるのは男前がよかったり、小兵であったり、逆に大男であったり、多彩な技を披露するとか、とにかく個性のある力士である。そういう意味ではサイレンススズカは競馬を盛りあげた個性派の1頭といえるし、五歳以降におけるレース内容は無限の可能性を秘めたという意味で、過去の名馬に勝るとも劣らない鮮烈な印象を残したといえよう。
2002年8月31日

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1997/2/1 京都 新馬 1600 11 1 1 1:35.2 上村洋行 55 436 (パルスビート)
1997/3/2 中山 弥生賞(G2) 2000 14 2 8 2:03.7 上村洋行 55 428 ランニングゲイル
1997/4/5 阪神 500万下 2000 12 1 1 2:03.0 上村洋行 55 434 (ロングミゲル)
1997/5/10 東京 プリンシパルステークス 2200 16 2 1 2:13.4 上村洋行 56 432 (マチカネフクキタル)
1997/6/1 東京 東京優駿(G1) 2400 17 4 9 2:27.0 上村洋行 57 432 サニーブライアン
1997/9/14 阪神 神戸新聞杯(G2) 2000 11 1 2 2:00.2 上村洋行 56 438 マチカネフクキタル
1997/10/26 東京 天皇賞・秋(G1) 2000 16 4 6 2:00.0 河内洋 56 440 エアグルーヴ
1997/11/16 京都 マイルチャンピオンシップ(G1) 1600 18 6 15 1:36.2 河内洋 55 438 タイキシャトル
1997/12/14 Shatin
(HKG)
香港国際カップ【GII】 1800 14 8 5 1:47.2 武豊 56.5 435 ヴァルズプリンス
1998/2/14 東京 バレンタインステークス 1800 12 1 1 1:46.3 武豊 55 434 (ホーセズネック)
1998/3/15 中山 中山記念(G2) 1800 9 1 1 1:48.6 武豊 56 440 (ローゼンカバリー)
1998/4/18 中京 小倉大賞典(G3) 1800 16 1 1 R1:46.5 武豊 57.5 434 (ツルマルガイセン)
1998/5/30 中京 金鯱賞(G2) 2000 9 1 1 R1:57.8 武豊 58 442 (ミッドナイトベット)
1998/7/12 阪神 宝塚記念(G1) 2200 13 1 1 2:11.9 南井克巳 58 446 (ステイゴールド)
1998/10/11 東京 毎日王冠(G2) 1800 9 1 1 1:44.9 武豊 59 452 (エルコンドルパサー)
1998/11/1 東京 天皇賞・秋(G1) 2000 12 1 中止 (骨折) 武豊 58 450 オフサイドトラップ

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 0.000
1400〜1900m未満 75000.714
1900〜2200m未満 62100.500
2200〜2800m未満 32000.667 1998宝塚記念
2800m以上 0.000
芝コース通算169100.625 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
中京22001.000
中山21000.500
京都21000.500
東京63000.500
Shatin(HKG)10000.000
阪神32101.000 1998宝塚記念
通算169100.625 

5代血統表
サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿
Halo Hail to Reason Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
Cosmah Cosmic Bomb Pharamond
Banish Fear
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator
Wishing Well Understanding Promised Land Palestinian
Mahmoudess
Pretty Ways Stymie
Pretty Jo
Mountain Flower Montparnasse Gulf Stream
Mignon
Edelweiss Hillary
Dowager
ワキア
Wakia
1987 鹿
Miswaki Mr.Prospector Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Hopespringseternal Buckpasser Tom Fool
Busanda
Rose Bower Princequillo
Lea Lane
Rascal Rascal Ack Ack Battle Joined Armageddon
Ethel Walker
Fast Turn Turn-to
Cherokee Rose
Savage Bunny Never Bend Nasrullah
Lalun
Tudor Jet Tudor Minstrel
Precious Lady


作成 2009/10/25
検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system