グラスワンダー

Grass Wonder

厩戸 ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績] [実績] [血統表]

グラスワンダーの画像
著作権
1995/2/18生 
牡  栗毛
父:Silver Hawk 母:Ameriflora (by Danzig)
生産者:Phillips Racing Part(USA)
馬主:半沢(有)
調教師:尾形充弘(美浦)

・中央所属時成績
三歳時 4戦 4勝 朝日杯三歳ステークス
四歳時 3戦 1勝 有馬記念
五歳時 5戦 4勝 宝塚記念 有馬記念
六歳時 3戦 0勝
中央通算 15戦 9勝
全通算 15戦 9勝

[解 説]
 グラスワンダーは1995年アメリカで生まれた外国産馬である。父シルヴァーホークSilver Hawkはアメリカ産。競走成績は二流だが、ロベルト系種牡馬として成功。日本に馴染みのある馬としては1990年ジャパンカップに来日したホークスター。毎日杯などを勝ったミラクルタイムがいる。母アメリフローラAmerifloraはアメリカ産の不出走馬。このグラスワンダーが初仔である。母の父ダンジグDanzigは91〜92年北米リーディングサイヤーに輝いたアメリカ代表する種牡馬で、芝ダート不問でそのスピードを産駒に伝えている。
 半沢(有)の持ち馬として美浦の尾形充弘厩舎に入厩。デビューは中山での新馬戦を出遅れながらも3馬身差の楽勝。つづく東京でのアイビーSも5馬身差の快勝。さらに京成杯三歳ステークスも6馬身差の圧勝。世間はこの栗毛をかのマルゼンスキーの再来かと注目し始めた。三歳チャンピオン決定戦朝日杯三歳Sでは圧倒的1番人気で迎えられた。ここには函館三歳ステークスの勝ち馬でのちに海外G1を2勝するアグネスワールドが出走、強化された相手に対してどんな勝ち方をするのかという点に興味が持たれた。果たして終始外を回って他馬を圧倒。1分33秒6という驚異的なレコードタイムで全国にその名を轟かせた。彼のこの4戦をもって年度代表馬の声も上がるほど鮮烈な三歳競馬であった。
 四歳はNHKマイルカップを目標とされたが、春を迎えて骨折が判明。復帰は10月の毎日王冠からとなった。ここには快速の逃げ馬サイレンススズカ、グラスワンダーの同期でNHKマイルCを制し無敗街道を走っていた外国産馬エルコンドルパサーが出走し、ファンの興味をかき立てた。グラスワンダーは積極的にレースを進めたものの、サイレンススズカの快速を捕らえることができず5着に敗れた。ジャパンカップを回避し、メンバーが手薄なアルゼンチン共和国杯に出走。しかしここも前回より悪い6着に惨敗。よくある早熟馬ではないかとファンは失望し、有馬記念では4番人気まで評価が下げられてしまった。しかしグラスワンダーは怪物だった。直線半ばで先頭に立つと朝日杯を思い出したかのような脚でメジロブライトの追撃を振りきって優勝した。外国産馬による有馬記念制覇は史上初。また史上最短の7戦のキャリアでの優勝であった。
 五歳は産経大阪杯からの予定であったが、京王杯SCから始動。有馬記念より一気に1100m短縮された距離もまったく問題なく、エアジハード以下に完勝。断然の1番人気で迎えられた安田記念であったが、エアジハードの逆襲を許し、ハナ差2着に敗れた。次の宝塚記念では同期でダービー、天皇賞を制していたスペシャルウィークと初対決。2強の一角として2番人気に支持されたものの、ファンの評価はスペシャルウィークの方がはるかに上で、凱旋門賞を目指す壮行レースとの見方すらあった。しかしグラスワンダーは先行するスペシャルウィークを直線入り口で捕らえると、並ぶ間もなく突き離し、3馬身差をつけて圧勝。スペシャルウィークの海外遠征の夢を打ち砕いた。
 五歳秋緒戦は毎日王冠。格下メンバーで楽勝が予想されたが、メイショウオウドウを辛うじてハナ差凌ぐという冷や汗の勝利であった。ジャパンカップを筋肉痛で回避し、有馬記念に直行。当日明らかに体調不良であったが、ライバルのスペシャルウィークにも激戦の疲れが懸念されたことと、昨年の復活劇が印象に残っているファンは1番人気に支持した。レースは超スローペースで流れた。武豊鞍上のスペシャルウィークは宝塚記念の二の足は踏むまいと、末脚勝負で後方待機のグラスワンダーよりさらに後ろに位置した。グラスワンダーが去年と同様に直線坂下からエンジン全開しゴールを目指す。そこにスペシャルウィークが襲いかかってきた。的場騎手のステッキに促されて必死に逃げ込みを計るグラスワンダーと馬体を合わせたところがゴールであった。長い写真判定の結果はグラスワンダー。ゴール前の脚色は完全にスペシャルウィークであったが、ゴール線上では辛くもクビを下げていたのだった。まさに根性の勝利であった。
 六歳のグラスワンダーはその有馬記念で燃え尽きたかのようであった。凱旋門賞に挑戦するという陣営の意気込みとは裏腹に、初戦の日経賞を6着、京王杯SCを9着と凡走。そして宝塚記念ではデビュー以来騎乗していた的場騎手から蛯名騎手に乗り替わったものの、テイエムオペラオーの6着と惨敗。競走中故障発生し、そのまま引退。種牡馬になることができたのは不幸中の幸いであった。
 エルコンドルパサー、スペシャルウィークなど超A級の馬を輩出した1995年生まれのサラブレッド。彼らとともに「三強」と並び称せられ、実際スペシャルウィークに2戦2勝の実績を残したグラスワンダーにはその称号に疑う余地はない。しかし前述の2頭が歳を経るごとに精神的に成長していったのに対して、三歳時の見せた高い素質だけで走っていたような印象を抱く。つまり天才特有の気まぐれがレースを順調に使えなかったり、実際のレースでも気を抜くところがあったのであろう。あるいはあまりに並はずれた瞬発力が自らの脚を痛めたのかもしれない。それでも朝日杯以降3つのG1を得たのはここぞというときの勝負根性が優れていたからであろう。それともっと国際経験豊かなスタッフに恵まれていれば、六歳時ではなくて全盛期の五歳春に海外遠征を敢行しえたかもしれないとの意見もあるが、もとより結果は保証されていたわけではない。種牡馬生活を送っている社台スタリオンにはエルコンドルパサーやスペシャルウィークもいる。現役時代同様、種牡馬競争でも彼らがより良きライバルとなることをファンは期待している。
2001年5月5日筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1997/9/13 中山 新馬 1800 10 1 1 1:52.4 的場均 53 480 (ビルトシェーン)
1997/10/12 東京 アイビーステークス 1400 9 1 1 1:21.9 的場均 53 486 (マチカネサンシロー)
1997/11/8 東京 京成杯三歳ステークス(G2) 1400 9 1 1 1:21.9 的場均 54 488 (マチカネサンシロー)
1997/12/7 中山 朝日杯三歳ステークス(G1) 1600 15 1 1 R1:33.6 的場均 54 486 (マイネルラヴ)
1998/10/11 東京 毎日王冠(G2) 1800 9 2 5 1:46.4 的場均 55 486 サイレンススズカ
1998/11/7 東京 アルゼンチン共和国杯(G2) 2500 18 1 6 2:33.5 的場均 57 496 ユーセイトップラン
1998/12/27 中山 有馬記念(G1) 2500 16 4 1 2:32.1 的場均 55 498 (メジロブライト)
1999/5/15 東京 京王杯スプリングカップ(G2) 1400 18 1 1 1:20.5 的場均 58 498 (エアジハード)
1999/6/13 東京 安田記念(G1) 1600 14 1 2 1:33.3 的場均 58 498 エアジハード
1999/7/11 阪神 宝塚記念(G1) 2200 12 2 1 2:12.1 的場均 58 504 (スペシャルウィーク)
1999/10/10 東京 毎日王冠(G2) 1800 10 1 1 1:45.8 的場均 59 500 (メイショウオウドウ)
1999/12/26 中山 有馬記念(G1) 2500 14 1 1 2:37.2 的場均 57 512 (スペシャルウィーク)
2000/3/26 中山 日経賞(G2) 2500 10 1 6 2:36.3 的場均 59 530 レオリュウホウ
2000/5/14 東京 京王杯スプリングカップ(G2) 1400 18 1 9 1:21.6 的場均 59 510 スティンガー
2000/6/25 阪神 宝塚記念(G1) 2200 11 2 6 2:14.7 蛯名正義 58 506 テイエムオペラオー

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 Sprint 0.000
1400〜1900m未満 Mile 96100.778 1997朝日杯三歳ステークス
1900〜2200m未満 Intermediate 0.000
2200〜2800m未満 Long 63000.500 1999宝塚記念 1998有馬記念 1999有馬記念
2800m以上 Extended 0.000
芝コース通算159100.667 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
中山54000.800 1997朝日杯三歳ステークス 1998有馬記念 1999有馬記念
東京84100.625
阪神21000.500 1999宝塚記念
通算159100.667 

5代血統表
Silver Hawk
1979 鹿
Roberto Hail to Reason Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
Bramalea Nashua Nasrullah
Segula
Rarelea Bull Lea
Bleebok
Gris Vitesse Amerigo Nearco Pharos
Nogara
Sanlinea Precipitation
Sun Helmet
Matchiche Mat de Cocagne Birikil
Fascine
Chimere Fabuleuse Coaraze
Nine
Ameriflora
1989 鹿
Danzig Northern Dancer Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Pas de Nom Admiral's Voyage Crafty Admiral
Olympia Lou
Petitioner Petition
Steady Aim
Graceful Touch His Majesty Ribot Tenerani
Romanella
Flower Bowl Alibhai
Flower Bed
Pi Phi Gal Raise a Native Native Dancer
Raise You
Soaring Swaps
Skylarking


検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system