テンポイント

Ten Point

厩戸名馬の館G1競走大研究 ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

1973/4/19生 1978/3/5没
牡  栗毛
父:コントライト 母:ワカクモ (by カバーラップ二世)
生産者:早来・吉田牧場(JPN)
馬主:高田久成氏
調教師:小川佐助(栗東)

・中央所属時成績
三歳時 3戦 3勝 阪神三歳ステークス
四歳時 7戦 2勝
五歳時 7戦 6勝 天皇賞・春 有馬記念
六歳時 1戦 0勝
中央通算 18戦11勝
全通算 18戦11勝

[解 説]
 テンポイントは1973年北海道吉田牧場にて生まれた。父コントライトはアメリカ産でイギリスダービー馬ネヴァーセイダイの産駒。72年日本に種牡馬として輸入された。テンポイントは初年度産駒である。祖母クモワカは桜花賞2着他11勝をあげる活躍を見せたが、五歳6月伝染性貧血症と診断され安楽死されるはずであった。この診断に疑いを抱いていた関係者は密かにクモワカを隠し、5年後に裁判で無実と判定された。そしてクモワカは繁殖名「丘高」として血統書に再登録、吉田牧場の至宝カバーラップ2世を父に生まれたのがテンポイントの母となるワカクモであった。ワカクモは桜花賞を勝って母の雪辱を果たすとともに母と同じ11勝をあげた。
 京都の高田久成氏の持ち馬として、栗東の小川佐助厩舎に入厩したテンポイントは、8月の函館でデビュー。1番人気で迎えられた新馬戦を10馬身差で圧勝。次の京都のもみじ賞は9馬身差。そして阪神三歳ステークスは7馬身差でぶっちぎり、クラシック戦線において劣勢が続いていた関西ファンに期待を抱かせた。
 四歳になったテンポイントは早々と東上。東京四歳ステークスは京成杯を勝ったクライムカイザー、スプリングSはメジロサガミをそれぞれ下して連勝した。しかしその着差はそれぞれ1/2馬身、クビで勝ちタイムもそのころ裏街道で快進撃を続けていたトウショウボーイのそれを下回り不安を抱かせた。皐月賞でそのトウショウボーイと無敗対決。しかし厩務員ストの影響で1週順延され調教過程に狂いが生じたとはいえ、トウショウボーイに5馬身差の2着に完敗。次のダービーは競走中に落鉄した上に骨折事故もあってクライムカイザーの7着に敗れた。
 秋になり関係者は懸命に体制を立て直した。まだ調整段階であったが京都大賞典に出走。ここを古馬相手に3着に健闘。菊花賞の1番人気はトライアルを好時計で連勝したトウショウボーイ。テンポイントは直線でついにトウショウボーイを捕らえた。しかし内からまったくの人気薄グリーングラスに差され2着に終わった。続く有馬記念は並みいる古馬に先着したものの、またもトウショウボーイの2着に敗れた。
 五歳となったテンポイントは京都記念、鳴尾記念を連勝。1番人気で迎えられた天皇賞は、宿敵トウショウボーイが出走していなかったものの、クラウンピラード以下に快勝。念願のビッグタイトルを獲得した。次の宝塚記念にはトウショウボーイが出走してきた。順調さからテンポイントが1番人気に支持されたが、久々でもトウショウボーイは強かった。持ち前のスピードで逃げるトウショウボーイを捕らえることができず2着に敗れた。
 五歳秋は京都大賞典から始動。63キロを背負いながら2着以下に実に8馬身差の圧勝。続く東京のオープン1800mでも完勝。もはやこの栗毛四白流星の貴公子はサラブレッドとして完成したかに思われた。そして完調で挑んだ有馬記念は1番人気で迎えられた。テンポイントにとってはこのレースで引退を表明していた宿敵トウショウボーイに雪辱する最後の機会であった。出走馬はこの2頭の威光を恐れてわずか8頭。しかし実際のレースはこの2頭のマッチレースと言ってよかった。抜きつ抜かれつで先行争いするテンポイントとトウショウボーイ。他の6頭はこの2頭の影すら踏めず、わずかに彼らの宿敵グリーングラスのみが追いすがってきたに過ぎなかった。勝負は気力と体調の差でテンポイントが先着したが、トウショウボーイの粘りにも惜しみない拍手が贈られた。日本競馬史上に残る名勝負であった。
 明けて六歳、日本最強馬の称号を得たテンポイントはイギリスへの海外遠征を敢行することになった。壮行レースとして選んだ京都の日経新春杯。快調に逃げたテンポイントだが、粉雪の降る寒さに66.5キロの酷量が堪えたのか、4コーナー手前で骨折による競走中止。膝から下から骨が見え鮮血が噴き出していた。普通の馬なら安楽死するしかない重傷なのだが、高田オーナーはじめ関係者の願いで、その生命力に賭けることになった。翌日2時間の大手術を行い闘病生活が始まった。しかしその後恐れていた蹄葉炎を発症し、事故より42日目の3月5日午前8時40分永眠。次の日スポーツ各紙は一斉にテンポイント(3ミリ活字)とは比較ならない大きな文字でこれを報じた。
 神秘的な出生。栗毛流星の美しい馬体。期待されながら苦杯を舐め続けた四歳時。サラブレッドとして完成した五歳時。そして六歳時のあの悲劇。テンポイントの出生から死に至る物語は競馬ファンのみならず、社会現象として競馬に無関心な人々も大きな関心を呼んだ。彼の死は日本競馬界にとって大きな損失であったが、競馬が単なるギャンブルでなく血統を中心にしたロマンであることを世間に知らしめることになった。そしてライバルのトウショウボーイに遅れること6年、1990年ようやくJRA顕彰馬に選ばれた。
 時は下って1995年。彼の甥フジヤマケンザンが香港国際カップ(国際G2)に優勝するという快挙を成し遂げた。内国産馬による海外重賞勝利はハクチカラ以来36年ぶりの快挙であった。自身が果たせなかった海外制覇の夢を甥が実現したのである。テンポイントの直系子孫は残すことはできなかったが、残された一族の子孫はまた大仕事をするかもしれない。
2001年4月16日筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1975/8/17 函館 新馬 1000 9 1 1 R0:58.8 鹿戸明 52 456 (グランドヤマトシ)
1975/11/9 京都 もみじ賞 1400 14 1 1 1:25.4 鹿戸明 53 466 (タカミオーラ)
1975/12/7 阪神 阪神三歳ステークス 1600 11 1 1 1:37.1 鹿戸明 54 464 (ゴールデンタテヤマ)
1976/2/15 東京 東京四歳ステークス 1800 6 1 1 1:49.6 鹿戸明 56 468 (クライムカイザー)
1976/3/28 中山 スプリングステークス 1800 6 1 1 1:52.4 鹿戸明 56 466 (メジロサガミ)
1976/4/25 東京 皐月賞 2000 15 1 2 2:02.4 鹿戸明 57 464 トウショウボーイ
1976/5/30 東京 東京優駿 2400 27 2 7 2:29.6 武邦彦 57 468 クライムカイザー
1976/10/17 阪神 京都大賞典 2400 14 6 3 2:27.4 鹿戸明 54 472 パッシングベンチャ
1976/11/14 京都 菊花賞 3000 21 3 2 3:10.3 鹿戸明 57 474 グリーングラス
1976/12/19 中山 有馬記念 2500 14 3 2 2:34.2 鹿戸明 54 476 トウショウボーイ
1977/2/13 京都 京都記念 2400 13 1 1 2:27.2 鹿戸明 59 472 (ホシバージ)
1977/3/27 阪神 鳴尾記念 2500 9 1 1 2:32.6 鹿戸明 61 468 (ケイシュウフオード)
1977/4/29 京都 天皇賞・春 3200 14 1 1 3:21.7 鹿戸明 58 470 (クラウンピラード)
1977/6/5 阪神 宝塚記念 2200 6 1 2 2:13.1 鹿戸明 55 472 トウショウボーイ
1977/10/16 京都 京都大賞典 2400 9 1 1 2:27.9 鹿戸明 63 490 (サイコームサシ)
1977/11/12 東京 オープン 1800 5 1 1 1:47.5 鹿戸明 60 492 (ロングホーク)
1977/12/18 中山 有馬記念 2500 8 1 1 2:35.4 鹿戸明 56 498 (トウショウボーイ)
1978/1/22 京都 日経新春杯 2400 9 1 中止 (骨折) 鹿戸明 66.5 490 ジンクエイト

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 11001.000
1400〜1900m未満 55001.000 1975阪神三歳ステークス
1900〜2200m未満 10101.000
2200〜2800m未満 94210.667 1977有馬記念
2800m以上 21101.000 1977天皇賞・春
芝コース通算1811410.833 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
中山32101.000 1977有馬記念
京都64100.833 1977天皇賞・春
東京42100.750
函館11001.000
阪神42110.750 1975阪神三歳ステークス
通算1811410.833 

5代血統表
コントライト
Contrite
1968 鹿
Never Say Die Nasrullah Nearco Pharos
Nogara
Mumtaz Begum Blenheim
Mumtaz Mahal
Singing Grass War Admiral Man o'War
Brushup
Boreale Vatout
Galaday
Penitence Petition Fair Trial Fairway
Lady Juror
Art Paper Artist's Proof
Quire
Bootless The Cobbler Windsor Slipper
Overture
Careless Nora Panorama
Careless
ワカクモ
1963 鹿
カバーラップ二世 Cover Up Alibhai Hyperion
Teresina
Bel Amour Beau Pere
Love Set
Betty Martin Hollyrood High Cloud
Mandy Hamilton
Rhoda F. Rhodes Scholar
Notebook
丘高 セフト Tetratema The Tetrarch
Scotch Gift
Voleuse Volta
Sun Worship
月丘 Sir Gallahad Teddy
Plucky Liege
星若 Peter Pan
Babe


検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system