スペシャルウィーク

Special Week

厩戸名馬の館G1競走大研究Wikipedia ひとつ前の画面を参照するにはブラウザの「戻る」ボタンを押して下さい
[競走成績][実績][血統表]

スペシャルウィークの画像
著作権
1995/5/2生 
牡  黒鹿毛
父:サンデーサイレンス 母:キャンペンガール (by マルゼンスキー)
生産者:門別・日高大洋牧場(JPN)
馬主:臼田浩義氏
調教師:白井寿昭(栗東)

・中央所属時成績
三歳時 1戦 1勝
四歳時 8戦 4勝 東京優駿
五歳時 8戦 5勝 天皇賞・春 天皇賞・秋 ジャパンカップ
中央通算 17戦10勝
全通算 17戦10勝

[解 説]当HPでは漢数字の馬齢は旧年齢表記、算用数字の馬齢は満年齢表記
 スペシャルウィークは1995年5月、北海道門別町日高大洋牧場にて生まれた。父はリーディングを独走する大種牡馬サンデーサイレンス。母キャンペーンガールの父は日本を代表する種牡馬マルゼンスキー。そして何よりの血統上の特徴は輸入牝馬全盛の時代にあって、日本古来の牝系の有していることで、この馬はその中でも特に成功しているシラオキの系統である。シラオキの直仔としては二冠馬コダマ、近年では桜花賞馬シスタートウショウがその系統から出ており生産界でも人気がある。
 栗東の白井寿昭厩舎に預けられ、三歳暮れの阪神競馬でデビュー。ここを1番人気で完勝し、明けて四歳初戦の白梅賞は2着に敗れたものの、続くきさらぎ賞でボールドエンペラー以下に圧勝。勇躍東上した中山の弥生賞ではメンバーも強化され、キングヘイローに次ぐ2番人気であったがセイウンスカイ以下に完勝。一気にクラシック戦線の主役に躍り出た。ところが1番人気に支持された皐月賞では終始外の馬場の悪いところを通らされ、セイウンスカイを捉えることができず、キングヘイローにも遅れて3着に敗れる。しかしファンはダービーでは1番人気に支持し、初コースに若干とまどいながらも、中団から徐々に進出しボールドエンペラー以下に5馬身差の圧勝。鞍上武豊騎手に初のダービー制覇をプレゼントした。
 夏場を休養に当て、京都新聞杯から再始動。ここを軽く突破して、菊花賞を迎える。しかし直線猛然と追い込んだもののまたもセイウンスカイの逃げを捉えることができず、2着に敗れる。敢然と挑戦したジャパンカップでは同期のエルコンドルパサー、古馬のエアグルーヴに遅れる3着と敗れたが、外国招待馬には先着しその実力を見せつけた。しかし激走疲れで有馬記念の出走は回避することになった。同じ頃生まれ故郷の日高大洋牧場が火事に見舞われ多数の繁殖馬が焼死してしまうという悲しい出来事があった。
 五歳になったスペシャルウィークは意気消沈する牧場の人々を勇気づけるかのような快進撃を続ける。五歳初戦は1月のアメリカジョッキーCC。調教では不調を伝えられていたが、ペリエ騎手を鞍上に迎え完勝。続く重馬場の阪神大賞典では前年の天皇賞・春を勝ったメジロブライトと直線一騎打ちとなり、これを競り落とした。そして天皇賞・春は終始先行する横綱競馬でメジロブライト以下に着差以上の完勝。現役最強ステイヤーの称号を手に入れた。続く宝塚記念で前年の有馬記念を勝った同期生グラスワンダーと初対決。しかし終始好位で進みながら直線で並ぶ間もなく抜き去られ5馬身差の2着と完敗してしまう。この敗戦で凱旋門賞に挑戦するプランは白紙に戻された。
 秋は京都大賞典から始動。調教の動きが悪く陣営は半信半疑で送り出したが、ツルマルツヨシの7着という考えられないような敗北を喫してしまう。しかし4番人気まで落ちた天皇賞・秋は思い切った後方待機策をとって、ゴール直前でステイゴールドを交わし、史上3頭目の天皇賞連覇を成し遂げた。続くジャパンカップは凱旋門賞馬モンジュー以下世界の強豪を相手に、直線しびれるような手応えからインディジェナス以下を豪快に差しきって、日本馬の意地を世界に見せつけた。
 そして秋G1レース3連勝と打倒グラスワンダーを目指して有馬記念に出走。レースは予想通りグラスワンダーとの凄まじい追い比べとなり、2頭はほぼ同時にゴールに飛び込んだ。武豊騎手会心の騎乗であったが、写真判定の結果は僅か4センチの差でグラスワンダーが勝利し、先の目的は果たすことができなかった。
 この有馬記念で現役を引退。社台ファームにて種牡馬となった。
 阪神大賞典のような重馬場の長距離をこなすスタミナと、天皇賞・秋のように中距離でレコード勝ちを収めるスピードの両面を兼ね備えた希有なサラブレッドで、五歳の京都大賞典を除きすべて3着以内という抜群の安定感を誇った。産駒成績としては2005年オークスとアメリカンオークスを勝ったシーザリオ、阪神JF、桜花賞、オークス、ヴィクトリアマイル、天皇賞・秋に勝ったブエナビスタなどを輩出。G1級を勝ったシーザリオブエナビスタも牝馬であり、牡馬はダービーを2着したインティライミとリーチザクラウンが最高成績で今のところ勝ち馬は得ていない。自身と同じくマイルよりも中長距離に強い産駒が多く、さらなる活躍が期待できる。
2000/4/9筆
2011年5月14日加筆

日付 競馬場 競走名 距離 馬場 頭数 人気 着順 時計 騎手 斤量 馬体重 1着馬(2着馬)
1997/11/29 阪神 新馬 1600 14 1 1 1:36.9 武豊 54 464 (レガシーハンター)
1998/1/6 京都 白梅賞 1600 16 1 2 1:36.0 武豊 55 472 アサヒクリーク
1998/2/8 京都 きさらぎ賞(G3) 1800 16 1 1 1:51.3 武豊 55 466 (ボールドエンペラー)
1998/3/8 中山 弥生賞(G2) 2000 13 2 1 2:01.8 武豊 55 466 (セイウンスカイ)
1998/4/19 中山 皐月賞(G1) 2000 18 1 3 2:01.6 武豊 57 476 セイウンスカイ
1998/6/7 東京 東京優駿(G1) 2400 18 1 1 2:25.8 武豊 57 468 (ボールドエンペラー)
1998/10/18 京都 京都新聞杯(G2) 2200 16 1 1 2:15.0 武豊 57 478 (キングヘイロー)
1998/11/8 京都 菊花賞(G1) 3000 18 1 2 3:03.8 武豊 57 476 セイウンスカイ
1998/11/29 東京 ジャパンカップ【GI】 2400 15 1 3 2:26.4 岡部幸雄 55 470 エルコンドルパサー
1999/1/24 中山 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 2200 11 1 1 2:16.8 O.ペリエ 58 466 (サイレントハンター)
1999/3/21 阪神 阪神大賞典(G2) 3000 9 2 1 3:13.4 武豊 58 476 (メジロブライト)
1999/5/2 京都 天皇賞・春(G1) 3200 12 1 1 3:15.3 武豊 58 476 (メジロブライト)
1999/7/11 阪神 宝塚記念(G1) 2200 12 1 2 2:12.6 武豊 58 480 グラスワンダー
1999/10/10 京都 京都大賞典(G2) 2400 10 1 7 2:25.1 武豊 59 486 ツルマルツヨシ
1999/10/31 東京 天皇賞・秋(G1) 2000 17 4 1 R1:58.0 武豊 58 470 (ステイゴールド)
1999/11/28 東京 ジャパンカップ【GI】 2400 15 2 1 2:25.5 武豊 57 468 (インディジェナスIndigenous)
1999/12/26 中山 有馬記念(G1) 2500 14 2 2 2:37.2 武豊 57 464 グラスワンダー

距離別実績
距離区分 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
1400m未満 0.000
1400〜1900m未満 32101.000
1900〜2200m未満 32010.667 1999天皇賞・秋
2200〜2800m未満 84210.750 1998東京優駿 1999ジャパンカップ
2800m以上 32101.000 1999天皇賞・春
芝コース通算1710420.824 

競馬場別実績
競馬場 1着 2着 3着 連対率 主な勝鞍
中山42110.750
京都63200.833 1999天皇賞・春
東京43010.750 1998東京優駿 1999天皇賞・秋 1999ジャパンカップ
阪神32101.000
通算1710420.824 

5代血統表
サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿
Halo Hail to Reason Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Nothirdchance Blue Swords
Galla Colors
Cosmah Cosmic Bomb Pharamond
Banish Fear
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator
Wishing Well Understanding Promised Land Palestinian
Mahmoudess
Pretty Ways Stymie
Pretty Jo
Mountain Flower Montparnasse Gulf Stream
Mignon
Edelweiss Hillary
Dowager
キャンペンガール
1987 鹿
マルゼンスキー Nijinsky Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
シル Buckpasser Tom Fool
Busanda
Quill Princequillo
Quick Touch
レディーシラオキ セントクレスピン Aureole Hyperion
Angelola
Neocracy Nearco
Harina
ミスアシヤガワ ヒンドスタン Bois Roussel
Sonibai
シラオキ プリメロ
第弐スターカップ


作成 2011/05/14
検索エンジン等でこのページをご覧になられた方は、「厩戸」をクリックして「ご利用にあたって」をお読み下さい。
リンクはトップページのみで、このページを含む個々のページへのリンクは禁止します。

Copyright (C) 2000 Umayado Oji
inserted by FC2 system