天皇賞歴代優勝馬

G1メニュー 厩戸
レースの詳細は「第○回〜」を、優勝馬の成績は馬名をクリックすると参照できます。
1923年〜1937年(大正12年秋季〜昭和12年春季)

帝室御賞典優勝馬

春季のみ 秋季のみ

第1回 1937(昭和12)年

勝てば官軍

ハツピーマイト

竹中久蔵

第2回 1938(昭和13)年

サラ系の覇者

ハセパーク

門倉恒雄

第3回 1938(昭和13)年

ダービー馬圧勝

ヒサトモ

セイクワン

第4回 1939(昭和14)年

ダービー馬完勝

スゲヌマ

千明賢治

第5回 1939(昭和14)年

菊の大輪再び

テツモン

松山陸郎

第6回 1940(昭和15)年

無事是名馬

トキノチカラ

カナヤマシ

第7回 1940(昭和15)年

無冠馬の戴冠

ロツキーモアー

眞藤慎太郎

第8回 1941(昭和16)年

天皇盾拝受

マルタケ

榎壽逸

第9回 1941(昭和16)年

大尾形初勝利

エステイツ

川内安忠

第10回 1942(昭和17)年

戦時色深くなりき

ミナミモア

池得次

第11回 1942(昭和17)年

雨は止むことはなし

ニパトア

山本文吉

第12回 1943(昭和18)年

ここでも激戦

グランドライト

加藤雄策

第13回 1943(昭和18)年

半年ぶりの光明

クリヒカリ

栗林友二

第14回 1944(昭和19)年

桜は咲いたが

ヒロサクラ

鶴丸広太郎

第15回 1947(昭和22)年

盾はなくても平和あり

オーライト

伊藤由五郎

第16回 1947(昭和22)年

天皇賞馬の称号

トヨウメ

中村正行

第17回 1948(昭和23)年

人気薄の逃げ切り

シーマー

島田孝次郎

第18回 1948(昭和23)年

春の悔しさ晴らす

カツフジ

伊藤由五郎

第19回 1949(昭和24)年

ダービー馬快勝

ミハルオー

石川了吉

第20回 1949(昭和24)年

菊花賞馬の雪辱

ニユーフオード

吉木三郎

第21回 1950(昭和25)年

三冠馬の息子

オーエンス

桶谷辰造

第22回 1950(昭和25)年

桜の女王盾制覇

ヤシマドオター

小林庄平

第23回 1951(昭和26)年

名牝の血蘇る

タカクラヤマ

平島五郎

第24回 1951(昭和26)年

そして風が

ハタカゼ

癸生川善松

第25回 1952(昭和27)年

関東2強の一騎討ち

ミツハタ

河野信一

第26回 1952(昭和27)年

頑健な逃げ馬

トラツクオー

岩本政一

第27回 1953(昭和28)年

春を制した牝馬

レダ

熊谷新太郎

第28回 1953(昭和28)年

父クモハタに捧ぐ

クインナルビー

高橋虎男

第29回 1954(昭和29)年

同期生と最終決着

ハクリヨウ

西博

第30回 1954(昭和29)年

豪州馬初優勝

オパールオーキツト

三坂成行

第31回 1955(昭和30)年

シーマーの仔快走

タカオー

高須銀治郎

第32回 1955(昭和30)年

弾丸列車辛勝

ダイナナホウシユウ

上田清次郎

第33回 1956(昭和31)年

日本刀の斬れ味

メイヂヒカリ

新田新作

第34回 1956(昭和31)年

尾形保田の底力

ミツドフアーム

草柳留三

第35回 1957(昭和32)年

王のご威光

キタノオー

田中留治

第36回 1957(昭和32)年

八割六分の支持受けて

ハクチカラ

西博

第37回 1958(昭和33)年

名牝の仔本格化

オンワードゼア

樫山純三

第38回 1958(昭和33)年

牝馬の激闘

セルローズ

戸谷佐治

第39回 1959(昭和34)年

夢を砕いた土佐魂

トサオー

溝本儀三男

第40回 1959(昭和34)年

府中に宝石輝く

ガーネツト

畑江五郎

第41回 1960(昭和35)年

東西対決東制す

クリペロ

栗林友二

第42回 1960(昭和35)年

大手門開城

オーテモン

永田雅一

第43回 1961(昭和36)年

快速馬不在なら

ヤマニンモアー

土井宏二

第44回 1961(昭和36)年

高天原に君臨

タカマガハラ

平井太郎

第45回 1962(昭和37)年

東の大将快進撃

オンスロート

田村喜志

第46回 1962(昭和37)年

史上初兄妹制覇

クリヒデ

栗林友二

第47回 1963(昭和38)年

素質開花

コレヒサ

千明康

第48回 1963(昭和38)年

関西馬が圧倒

リユウフオーレル

三好笑子

第49回 1964(昭和39)年

関西馬久々の凱歌

ヒカルポーラ

坪田喜之助

第50回 1964(昭和39)年

内から鋭く

ヤマトキヨウダイ

門井みち

第51回 1965(昭和40)年

鉈なければ矛

アサホコ

手塚栄一

第52回 1965(昭和40)年

三冠馬強し

シンザン

橋元幸吉

第53回 1966(昭和41)年

瑞光好時計

ハクズイコウ

西博

第54回 1966(昭和41)年

尾形保田の金字塔

コレヒデ

千明康

第55回 1967(昭和42)年

菊の無念晴らす

スピードシンボリ

和田共弘

第56回 1967(昭和42)年

クセ馬中山で快走

カブトシロー

(有)志賀

第57回 1968(昭和43)年

18馬身差大勝利

ヒカルタカイ

長山善建

第58回 1968(昭和43)年

一発屋ここで

ニットエイト

太田和芳郎

第59回 1969(昭和44)年

万能の怪物

タケシバオー

小畑正雄

第60回 1969(昭和44)年

雨でも太陽

メジロタイヨウ

北野豊吉

第61回 1970(昭和45)年

栄冠は君に輝く

リキエイカン

水上力夫

第62回 1970(昭和45)年

芦毛の天皇賞馬

メジロアサマ

北野豊吉

第63回 1971(昭和46)年

武蔵遅れて参上

メジロムサシ

メジロ商事(株)★

第64回 1971(昭和46)年

府中の直線紅一点

トウメイ

近藤克夫

第65回 1972(昭和47)年

闘将の気迫

ベルワイド

鈴木賢一

第66回 1972(昭和47)年

波は西から

ヤマニンウエーブ

土井宏二

第67回 1973(昭和48)年

大外四白流星

タイテエム

(有)名鯛産業

第68回 1973(昭和48)年

晩成の大物

タニノチカラ

谷水雄三

第69回 1974(昭和49)年

人気より実力

タケホープ

近藤たけ

第70回 1974(昭和49)年

神の護りで

カミノテシオ

保手浜正康

第71回 1975(昭和50)年

経験一枚上手

イチフジイサミ

保坂勇

第72回 1975(昭和50)年

重巧者の歓喜

フジノパーシア

真田繁次

第73回 1976(昭和51)年

天才の逃げ切り

エリモジョージ

山本慎一

第74回 1976(昭和51)年

善戦馬に愛を

アイフル

藤本義昭

第75回 1977(昭和52)年

貴公子に春

テンポイント

高田久成

第76回 1977(昭和52)年

北斗の脚

ホクトボーイ

森滋

第77回 1978(昭和53)年

今日も内から

グリーングラス

半沢吉四郎

第78回 1978(昭和53)年

母仔盾制覇

テンメイ

近藤克夫

第79回 1979(昭和54)年

四度目の正直

カシュウチカラ

吉田権三郎

第80回 1979(昭和54)年

兄も弟も不良馬場

スリージャイアンツ

松岡正雄

第81回 1980(昭和55)年

太郎は勝った

ニチドウタロー

山田敏夫

第82回 1980(昭和55)年

世紀の大逃げ

プリテイキャスト

高田久成

第83回 1981(昭和56)年

根性の孝行息子

カツラノハイセイコ

桂土地(株)

第84回 1981(昭和56)年

強豪互いに譲らず

ホウヨウボーイ

古川嘉治

第85回 1982(昭和57)年

無冠返上

モンテプリンス

毛利喜八

第86回 1982(昭和57)年

浅間の息子

メジロティターン

メジロ商事(株)

第87回 1983(昭和58)年

四度目の願い

アンバーシャダイ

吉田善哉

第88回 1983(昭和58)年

男の約束

キョウエイプロミス

松岡正雄

第89回 1984(昭和59)年

賢兄愚弟返上

モンテファスト

毛利喜八

第90回 1984(昭和59)年

三冠馬の鬼脚

ミスターシービー

千明牧場

第91回 1985(昭和60)年

五冠馬誕生

シンボリルドルフ

シンボリ牧場

第92回 1985(昭和60)年

皇帝弑逆

ギャロップダイナ

(有)社台レースホース

第93回 1986(昭和61)年

名手の計算

クシロキング

阿部昭

第94回 1986(昭和61)年

豊かなスピード

サクラユタカオー

(株)さくらコマース

第95回 1987(昭和62)年

宿願の盾

ミホシンザン

堤勘時

第96回 1987(昭和62)年

台覧競馬帝王制す

ニッポーテイオー

山石祐一

第97回 1988(昭和63)年

芦毛の時代到来

タマモクロス

タマモ(株)

第98回 1988(昭和63)年

昭和最後の芦毛対決

タマモクロス

タマモ(株)

第99回 1989(平成1)年

若き天才一等賞

イナリワン

保手浜弘規

第100回 1989(平成1)年

天才怪物を完封

スーパークリーク

木倉誠

第101回 1990(平成2)年

天才盾三連覇

スーパークリーク

木倉誠

第102回 1990(平成2)年

名手の選択

ヤエノムテキ

(有)富士

第103回 1991(平成3)年

親子3代天皇賞馬

メジロマックイーン

メジロ商事(株)

第104回 1991(平成3)年

前代未聞の降着劇

プレクラスニー

田島榮二郎

第105回 1992(平成4)年

完膚無きまでに

メジロマックイーン

メジロ商事(株)

第106回 1992(平成4)年

社台の伏兵

レッツゴーターキン

(株)日本ダイナースクラブ

第107回 1993(平成5)年

またも関東の刺客

ライスシャワー

栗林英雄

第108回 1993(平成5)年

信じた可能性

ヤマニンゼファー

土井宏二

第109回 1994(平成6)年

兄貴も強いぞ

ビワハヤヒデ

(有)ビワ

第110回 1994(平成6)年

芦毛の時代終焉

ネーハイシーザー

(株)大丸企業

第111回 1995(平成7)年

復活名ステイヤー

ライスシャワー

栗林英雄

第112回 1995(平成7)年

魅せた古馬の意地

サクラチトセオー

(株)さくらコマース

第113回 1996(平成8)年

無頼庵の同期生

サクラローレル

(株)さくらコマース

第114回 1996(平成8)年

天才馬強豪を完封

バブルガムフェロー

(有)社台レースホース

第115回 1997(平成9)年

奇跡の鬼脚

マヤノトップガン

田所祐

第116回 1997(平成9)年

樫女王盾制す

エアグルーヴ

(株)ラッキーフィールド

第117回 1998(平成10)年

復活大メジロ

メジロブライト

(有)メジロ牧場

第118回 1998(平成10)年

悲鳴の直線で

オフサイドトラップ

渡邊隆

第119回 1999(平成11)年

雅やかに

スペシャルウィーク

臼田浩義

第120回 1999(平成11)年

作戦変更

スペシャルウィーク

臼田浩義

第121回 2000(平成12)年

古馬最強舞台へ

テイエムオペラオー

竹園正繼

第122回 2000(平成12)年

中央4場G1制覇

テイエムオペラオー

竹園正繼

第123回 2001(平成13)年

春雨来たりなば

テイエムオペラオー

竹園正繼

第124回 2001(平成13)年

大外真っ直ぐに

アグネスデジタル

渡辺孝男

第125回 2002(平成14)年

皇帝以来の快挙

マンハッタンカフェ

西川清

第126回 2002(平成14)年

古馬を完封

シンボリクリスエス

シンボリ牧場

第127回 2003(平成15)年

格が違うぞ

ヒシミラクル

阿部雅一郎

第128回 2003(平成15)年

漆黒の高級車

シンボリクリスエス

シンボリ牧場

第129回 2004(平成16)年

社台の秘蔵馬

イングランディーレ

吉田千津

第130回 2004(平成16)年

牝馬2頭を従えて

ゼンノロブロイ

大迫忍

第131回 2005(平成17)年

静かなる闘志

スズカマンボ

永井啓弐

第132回 2005(平成17)年

内枠を利して

ヘヴンリーロマンス

(有)ノースヒルズマネジメント

第133回 2006(平成18)年

異次元の衝撃

ディープインパクト

金子真人ホールデイングス(株)

第134回 2006(平成18)年

メジャー復活

ダイワメジャー

大城敬三

第135回 2007(平成19)年

二冠馬の底力

メイショウサムソン

松本好雄

第136回 2007(平成19)年

名手に導かれし

メイショウサムソン

松本好雄

第137回 2008(平成20)年

大いなる惑星

アドマイヤジュピタ

近藤利一

第138回 2008(平成20)年

女傑激突

ウオッカ

谷水雄三

第139回 2009(平成21)年

思わぬ伏兵

マイネルキッツ

(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン

第140回 2009(平成21)年

8歳馬爆走

カンパニー

近藤英子

第141回 2010(平成22)年

伝わった思ひ

ジャガーメイル

吉田和美

第142回 2010(平成22)年

女傑継承

ブエナビスタ

(有)サンデーレーシング☆

第143回 2011(平成23)年

愛があれば

ヒルノダムール

蛭川正文

第144回 2011(平成23)年

連覇阻む高速度

トーセンジョーダン

島川隆哉

第145回 2012(平成24)年

幻惑させて

ビートブラック

前田幸治

第146回 2012(平成24)年

閃光復活

エイシンフラッシュ

平井豊光

第147回 2013(平成25)年

金船沈没

フェノーメノ

(有)サンデーレーシング☆

第148回 2013(平成25)年

その道一気に

ジャスタウェイ

大和屋暁

第149回 2014(平成26)年

強敵を封じて

フェノーメノ

(有)サンデーレーシング☆

第150回 2014(平成26)年

主役奪取

スピルバーグ

山本英俊☆

第151回 2015(平成27)年

本気の走り

ゴールドシップ

合同会社小林英一ホールディングス

第152回 2015(平成27)年

充実一途

ラブリーデイ

金子真人ホールデイングス(株)

第153回 2016(平成28)年

最内粘り勝ち

キタサンブラック

(有)大野商事☆

第154回 2016(平成28)年

世界を見た脚

モーリス

吉田和美

第155回 2017(平成29)年

堂々たる連覇

キタサンブラック

(有)大野商事☆

第156回 2017(平成29)年

逆境を克服

キタサンブラック

(有)大野商事☆

第157回 2018(平成30)年

十度目の正直も

レインボーライン

三田昌宏

第158回 2018(平成30)年

世代最強を証明

レイデオロ

(有)キャロットファーム

第159回 2019(平成31)年

実力歴然

フィエールマン

(有)サンデーレーシング☆

第160回 2019(令和1)年

完勝楽勝

アーモンドアイ

 (有)シルクレーシング

第161回 2020(令和2)年

得意の淀で

フィエールマン

(有)サンデーレーシング☆

第162回 2020(令和2)年

八冠達成

アーモンドアイ

 (有)シルクレーシング

第163回 2021(令和3)年

淀でも仁川でも

ワールドプレミア

大塚亮一

第164回 2021(令和3)年

祖父から孫へ

エフフォーリア

(有)キャロットファーム

第165回 2022(令和4)年

菊花の威光

タイトルホルダー

山田弘

第166回 2022(令和4)年

大逃げ捉えた

イクイノックス

 (有)シルクレーシング

第167回 2023(令和5)年

主役交代

ジャスティンパレス

三木正浩

第168回 2023(令和5)年

世界一の豪脚

イクイノックス

 (有)シルクレーシング

第169回 2024(令和6)年

王道を進む

テーオーロイヤル

小笹公也


春季のみ 秋季のみ







inserted by FC2 system